静かに強く思うこと。
震災後、本を読めず、歌も聴けず、でしたが、
落ち着いて開いた本は震災前と同じ、人間失格でした。
希望や勇気。
などといった前向きなことよりも、太宰治の後ろ向きな人間臭さがなんだか私には受け入れやすかったのかもしれません。

人間、前向きが一番とも思いません。
元気が強く生きることとも思いません。

明日で、一ヶ月。
津波に飲み込まれ一瞬にして命を奪われた多くの人の冥福を祈ること。
震災後、強く思った気持ちはより強くなりました。
原発、放射線などよりも、私には大きなことです。

夜空を見上げ今日も、冥福を祈る。
星に祈りを。
節電で空が黒くなったかもしれない。
星がより見えるようになったかもしれない。

3/11に起きた震災を憎み、海よ、地震よ人間をなめんなよ!
と負けない気持ちを持ち、そしてこの悔しさを絶対に忘れない。
[PR]
by thurezure | 2011-04-10 16:26
<< ラナンキュラス 安らかに。 >>