モレスキン時間をつくる
先日植えかえた苗が、かわいい花を咲かせてくれました!
液肥を与えてみたらシャンと体を起こし、とても元気に。
花に限らず手をきちんと加えること。
よおく見てあげること。
大切なのだと感じました。
e0025827_6543378.jpg

さて日々の生活、パソコンに携帯などデジタルなモノが多いです。
確かに便利なので私自身も活用しています。時間を短縮できるツールとしても。
その反面、
・本を手に取りページを開く時間。
・ペンを持ち手帳に向かって出来事、思いを書き記す時間。
を持つように心がけています。
ですがこのアナログ、なかなかできそうでできないのです。
睡眠、仕事、家事などの時間を除くと、
私の場合、自分に使える時間といえば、
・通勤電車の往復1時間
・早起きして得る1時間ほど
の合計2時間です。

通勤電車で本を読み、早起きしてヨガとパソコン。
手帳に辿りつくことがなかなかできないのです。
ササっと書くメモではなく、ゆとりを持ってきちんと手帳に向かいたいと思うからなおさら。
そこで、書きたい!ゆっくりしたい!と感じた時は、
15分早く家を出て早い電車に乗ります。
出勤前に会社近くのカフェでコーヒーを飲みながら手帳に向かうのです。
ほんの15分ほどの滞在でも、サクサクと書くことができます。
自分で淹れるコーヒーではなく、人が淹れてくれたコーヒーというのは、
これまたおいしいと思うのです。
そして、大切なことは「モレスキン」を使うこと。
ゴッホも愛した歴史ある手帳。
三日坊主も少なくない私がずっと続けられている理由の一つに、この手帳だからとも思うのです。

moleskinerie モレスキナリー
[PR]
by thurezure | 2011-05-11 06:59
<< 『今あなたに知ってもらいたいこ... 『フジ子・ヘミング 魂のピアニスト』 >>