本について
人から本をお借りするのは苦手です。
傷めてしまわないか、早くお返ししなくちゃとずっと気にしていることが窮屈だから。
けれど、
「いいんだよこの本!読んでみて。」
「好きそうだなーって思って。」
「いつでもいいから、ゆっくりどうぞ。」
などと言われると、え~、ありがとうございます!と興味と嬉しさですぐに手が出るのです。
そして、またお借りしてきた…。
(借りてきちゃった。)

もう読まないからという理由から、なぜか何年と預かっている本もあるのです。
もらったわけではなく、預かっている本。
(かれこれ4年は経つ。)
日焼けしないように、埃がかからないようにと保管している。
たまにそ~っと取り出して読み返す。
やっぱり好きな本は手元においてこそと思う。
読んだら捨てなさい、などとも聞いたことがあるけれど。
「あげるわ。」
と言われることをひそかに楽しみにしている。うしし。

昨日、文庫本のカバーを全部取って棚に並べました。
スッキリとしてとても良いのです。
ただ、そのカバーを捨てられない。
イラストや写真や帯のコメントが、良かったりすると捨てられないのです。
何かいい案はないかなぁ…。
[PR]
by thurezure | 2011-05-20 05:56
<< 本 はんこ >>