『あたらしい あたりまえ。 / 松浦弥太郎』
6月ですね。
梅雨、紫陽花、カタツムリ…。
近所の庭先の紫陽花の花の蕾が膨れてきていました。
さて。ここ数日少し胃が重くて違和感を感じてました。
昨日はコーヒーと紅茶を絶ってみました。
三度の食事だけで間食も控えたりして。
毒を出す、といった感じです。

松浦弥太郎さんが『あたらしい あたりまえ。』の本の中で、
僕はカレーライスが大好きなのですが、せいぜい年に三回くらいしか食べません。
誕生日に一回。あとの二回は、いいことがあった日か、めぐりあわせのような偶然があったとき、
大喜びでいただきます。

とありました。
こういうカレーライスのような存在にしておく必要なモノをあらためて考えてみようかなと思いました。

○大切なもの、好きなものほどたくさん求めないように。
○節度をもつことは、足るを知ることでもあります。

あたらしいあたりまえ。

松浦 弥太郎 / PHP研究所


[PR]
by thurezure | 2011-06-02 06:20 | 読んだもの
<< こどものお弁当 『グレープフルーツ・ジュース ... >>