江~姫たちの戦国「第21回 秀吉の妻」
とても良い回でした。
さまざまな心が垣間見れて。

「男と女は解せぬもの。」
初の言葉。

江と北政所さまの場面、とても深かったです。
「己の醜さ、小ささをまざまざと見せつけられた気がした。」
とゆっくりと正直に心の内を語る北政所さまに魅せられました。
その後、江がかけた言葉の”女心では。”がこれまた良かったと思いました。
「(女心)大事にせねばな。」
と北政所さまが微笑みました。

:::::

恨みや憎しみで戦っても勝てない。
恨みや憎しみは誰かが歯をくいしばって断ち切らなきゃいけないのです。


この言葉を思い出しました。
実はこれ、プリキュアのつぼみちゃんが発した言葉です。
子供と見ながら感動したのでした。

自分の抱いた負の感情も受け入れ、前進していく。
そうやって人はもっと強く優しくなれるのかな、などと思ってみたり。
[PR]
by thurezure | 2011-06-08 06:08 | 観たもの
<< 『強く生きる言葉 / 岡本太郎』 ブックダーツのすすめ >>