『「キレイなキッチン!」のこつ / 沖 幸子』
人生にとって豊かな暮らしとは、地味で小さくても美しく丁寧に暮らすこと。

ものに住所を決める
  ・使ったらその場所に必ず戻す。
  ・「よく使うもの」、「必要なもの」から住所を決めて、最後にはみ出てしまうもの、
   それを処分するのです!

調理台にものを置かない

思い切ってキッチンのダイエット
  「これは本当に必要なのか?」
  「何のために使うのか?」
  「最近使ったのはいつ?」
  「1本(個)で間に合うのでは?」

配置を効果的に
  大切なのは、きちんと整理されているかではく、使う場所の近くにものを収納しているか。

使う頻度と収納場所の関係
  ・頻繁に使うもの(週一度以上)
   →手を伸ばすだけで、簡単に出し入れできるところに置く。
  ・月に一度くらい使うもの
   →背を伸ばしたり、かがめたり、他のものをのけたりして取りださなければいけない
     高いところや戸棚の奥にしまう。
  ・年に一度くらいしか使わないもの
   →クリスマスや正月の食器などは、まとめて箱に入れ、納戸や戸棚の一番奥にしまう。

::::::

もっと写真が掲載されていたらいいのにと思いながら読みましたが、
こうしてまとめてみると、とても良い本だったと思いました。
以上のポイントを制覇できたら!
ものもスペースも時間も、たくさんのムダ遣いがなくなると思います。
頑張るぞ。


「キレイなキッチン!」のコツ―そうじの超カリスマが書いた

沖 幸子 / 大和出版


[PR]
by thurezure | 2011-06-15 21:10 | 読んだもの
<< 家を飾る シャクヤクの花 >>