『ソーシャル・ネットワーク』

ソーシャル・ネットワーク 【デラックス・コレクターズ・エディション】(2枚組) [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


facebookをもっと知りたくて観てみました。
さて内容…評価をできるほど、私自身が映画ツウではないので。

音楽は、とても良かったです。
(内容が悪いというわけではなく、です。)
DVDの特典で監督が音楽についても話されていました。
タイトルバックが流れるシーンの曲を監督自身は当初、
Elvis Costelloの”Beyond Belief”を使う予定だったそうです。
でも実際使用した曲は、
この映画の音楽担当のトレントとアッティカスが作曲した”Hand Covers Bruise”でした。
(ブライアン・イーノの曲と私は重なりました。)
「深みがあってシンプルだ」
と監督が言葉にしていました。ほんとうにその通りと思いました。
画像のトーンが控えめで、文字の形も良くて。
静かにこの曲が流れて、主人公が部屋へと駆けていこのくシーンが、とにかくとてもとても気に入りました。
出だしから、タイトルバックのこの曲が終わるまでの間だけを、繰り返し観ました。

それと、ボートレースの画像処理が面白かったです。
景色が模型のように見えるのです。
「ティルト・シフトレンズで被写界深度を浅くし、焦点を合う位置を狭めるとこういう映像が撮れる」
と説明されていました。
何のことだか、私にはさっぱりですが(笑)、眺めていてとてもその映像が良かったのです。
映画の内容よりも、そんなところにばかりに感心していました。
[PR]
by thurezure | 2011-07-09 17:18 | 観たもの
<< 『月下の恋人 / 浅田次郎』 『暮らしのヒント集』より >>