FUKUSHIMA
『FUKUSHIMA福島原発メルトダウン / 広瀬 隆』を読んでいます。
とてもわかり易く解説されています。

広島に落とされた原子爆弾(原爆)で燃えたウランの量は、約800グラムでした。
現在、日本列島にある54基の原発では、平均すると1基が約100万キロワットを発電します。
100万キロワットの原発が一日稼働するとウランを約3キロ燃やします。
原発1基だけで広島原爆の3~4発分のウランを毎日、燃やしている計算になります。

(本書より抜粋)

まず子供たちの姿が思い浮かぶ。
頑張って生まれてきた赤ちゃんと頑張って産んだお母さん。
のんびりと草を食べる牛。
田畑にいる虫たち。
将来、すべての生き物が、変わらずに暮らせる日常がきちんとあるのだろうか。
うまく言えないけれど、悲しくなってしまいました。
今の積み重ねが、将来に悪影響を及ぼさないようにきちんと考えなくてはいけないのだと。
[PR]
by thurezure | 2011-07-14 06:15 | 読んだもの
<< 『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』 夏の色 >>