『サヨナライツカ』

サヨナライツカ [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント


≪あらすじ≫
「好青年」と周囲から呼ばれ婚約者もいる豊が、謎の美女沓子とタイ・バンコクで出会い、互いに惹かれ合い逢瀬を重ね、そして別れ、25年後に劇的な再会をするまでを描く。

いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない。
孤独は最も裏切ることのない友人の一人だ。
愛におびえる前に、傘を買っておく必要がある。

どんなに愛されても、幸福を信じてはならない。
どんなに愛しても、決して愛しすぎてはならない。

愛なんて、季節のようなもの。
ただ巡って人生を彩り、飽きさせないだけのもの。
愛なんて口にした瞬間、消えてしまう氷のかけら。
サヨナライツカ
永遠の幸福なんてないように、永遠の不幸もない。
いつかさよならがやってきて、いつかこんにちわがやってくる。

人間は死ぬ時、愛されたことを思い出す人とと、
愛したことを思い出す人に分かれる。
私はきっと、愛したことを思い出す。


:::::

早送りして観ました(苦笑)
登場人物の誰にも感情移入できませんでした。
『母なる証明』を観終わって、
どうにも行き場のない思いを落ち着かせたくて観たこの映画だったのですが。
せめてもの思いから、メインとなる”サヨナライツカ”の文章を載せてみましたが…。
(この文章さえ私にはちっとも響かず…。)
観るタイミングが違っていたら、こんなにも冷めずに観れたのかなぁ。
西島さんが出ているしと観たのですが、私にはどこまでもダメな映画でした。
とっても残念。

この週末は、連敗に終わりましたとさ。
[PR]
by thurezure | 2011-08-08 06:08 | 観たもの
<< 『眉山 / さだまさし』 『母なる証明』 >>