『悪人』

悪人 スタンダード・エディション [DVD]

東宝


≪あらすじ≫
土木作業員の清水祐一(妻夫木聡)は、長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、
恋人も友人もなく、祖父母の面倒をみながら暮らしていた。
車だけが趣味で、何が楽しくて生きているのかわからない青年。
佐賀の紳士服量販店に勤める馬込光代(深津絵里)は、
妹と2人で暮らすアパートと職場の往復だけの退屈な毎日を送っていた。

「本気で誰かに出会いたかった…」
孤独な魂を抱えた2人は偶然出会い、刹那的な愛にその身を焦がす。
しかし、祐一はたったひとつ光代に話していない秘密があった。

彼は、連日ニュースを賑わせていた殺人事件の犯人だったー。
「もっと早く出会っていれば良かった…」
そんな祐一の自首を止めたのは光代だった。
殺人犯との許されぬ愛…。
生まれて初めて人を愛する喜びに満たされる光代は、祐一と共に絶望的な逃避行へと向かう。
やがて地の果てとも思える灯台に逃げ込んだ二人は幸せなひとときを迎えるが、
その逃避行が生んだ波紋は被害者の家族、加害者の家族の人生をも飲み込んでいく。

なぜ祐一は人を殺したのか?
なぜ光代は殺人者を愛したのか?
引き裂かれた家族の運命はどうなるのか?

絶望のどん底に突き落とされた人間たちが、善悪の葛藤のなかでもがき、
そしてその先にひとつの謎が生まれる。
いったい誰が本当の“悪人”なのか?
その答えが明かされたとき、
物語は、衝撃と感動のクライマックスを迎えるー。
*HPより抜粋

:::::

観終わって一番の感想は、
「人間は、愛されるだけじゃだめなんだ」ということでした。
どんなにたくさんの愛情の中で育ってきたとしても、
愛する力を育まなくてはいけないんだと。
それも、自らの力で。

人を愛する、モノを愛する、生活を愛する。
といった感情を何ら持たずに日々の暮らしを重ねていくと、
”悪人”になるのではないかと。

最初から最後まで、ずっと冷静に観ました。
誰に感情移入するわけでもなく、ホントずっと淡々と。

妻夫木さんが、この役を自らずっとやりたい!と熱望してきたとテレビで話されているのを以前見ました。
私には、ラストでようやく、この人で良かったのかもなぁと思えました。

『フラガール』の監督さんと同じだったと知って、ただただ驚きました。
(私は、観終わってからHPで知ったのですが。)
色々な画が撮れる監督さんなのですね。
『フラガール』の方が、好きですし、断然面白かったなーと思います、、、あは。
[PR]
by thurezure | 2011-08-16 17:51 | 観たもの
<< 『今度は愛妻家』 徒然日記 >>