つれづれと
昨日は、お向かいさんのおじいさんのお通夜へ。
ここへ越してきて3年。
発病して7年。
頑張ってこられたと聞く。
ご縁があった人が亡くなった。
どうぞ安らかに。

まだ私が小さかった頃の話。
誰のお通夜での話だったかは忘れたけれど、
お坊さんが葬儀の最後に説法で、
「人は、息と息とがつながって生きている。
 次の息がなくなったら人は死ぬんだ。」
という話をしていた。
そんな話しをふと思い出した昨夜でした。


e0025827_602583.png

*みんなおじいさんを心配していたのかも。
なぜかお向かいさんに向けられていた数日前のぬいぐるみたち。
(何も知らない息子のしわざ。)
[PR]
by thurezure | 2012-03-09 06:02
<< 『ジョゼと虎と魚たち / 田辺聖子』 つれづれと >>