つれづれと
昨日、夕方に親友がカナダへ帰って行った。
わずか1ヶ月半ほどの帰国。
会えたのは3回。
子供二人を連れて家へ遊びに来てくれて、
それから1週間後の週末は、二人で飲みに。
もう一度、と思っていたら帰国の2日前にまたみんなで会えた。
どれも別れる時にハグをしては泣けた。

小学2年生になった上の子を彼女の母校である小学校に通わせて、
ランドセルも買ってあげて、実家の庭でランドセル姿の記念写真を撮っていた。
娘ちゃんは、たった9日の登校だったけれど最後の日には、
クラスの先生とお友達がお別れ会を開いてくれて、メッセージいっぱい書かれた黒板をバックに、
クラスのみんなと笑顔いっぱいの記念写真。
嬉しかったと友達が写メールを送ってくれた。
わが子のように、私も嬉しくてきゅうんとした。

自分たちが40ともなると、親も歳をとる。
実家に両親だけを残しカナダへと旅立つ日、涙、涙だったとメールがきた。
子供たちが、ばーちゃーん!じーちゃーん!と泣いて車の中から見えなくなるまで手を振って叫んでいたと。

また2年後会おうと約束をなんとなくした。
とにかく元気なら、また会える。
だから、お互い元気に暮らそうと。
[PR]
by thurezure | 2012-04-24 05:59
<< 読んでみたい本。 本を買う。 >>