つれづれと
冬休みも終わり、小学校へ。
日曜の夜、明日でお休みが終わってしまうと思ったら少し眠れなかったと娘。
登校前夜は、お風呂の中で行きたくないと泣きだしました。
私より20分ほど先に弟と二人で二階へ行き就寝いているかと思いきや、
お布団の中でお姉ちゃんが泣いました。
横で弟がどうしたの?とぼそぼそと心配そうに声を掛けています。
私が娘の隣にもぐり、手を握っていたらすぐに寝てくれました。

翌朝、目覚ましで一人で起きてきた娘。
階段を下りながら泣いています。
「長ーいお休みのあとって学校行くの嫌だよね。
分かるわ。ママもそうだったよ。
きっと今、同じように泣いているお友達がいるかもね(笑)」
などと言っていたら、自分から離れて着替えを始めました。
それから泣くこともなく、朝ごはんをしっかり食べて元気に行ってきます。
「今日、(学校)どうだった?」と聞くと「楽しかった。」と笑顔。
(良かった。良かった。)

昨日は、お正月休みだったピアノ教室も再開し、完全に冬休み前の生活に戻りました。
練習不足で「もう一度練習してきてね」で終わった昨日のレッスンでした。
宿題曲をレッスン日まで出来るできないではなく、とにかく「毎日ピアノを弾く」が私と娘とのルール。
先生からの宿題曲を弾かなくても、好きな曲を弾けば良し、としています。
(先生にはこれ内緒。)

楽譜が読めて楽器が友達になることは素晴らしいことと思うのです。
レッスンが嫌、宿題が嫌などという理由でピアノが嫌いになることは、とてももったいないと思うのです。
いつまでも娘がピアノをはじめた頃の”ママ、楽しいよ”のままでいれるようにつとめる。

今週は、木、金でまた三連休ですね。
あたたかくして出勤します。
今日も、元気よく。
[PR]
by thurezure | 2013-01-10 06:17 | つれづれと
<< かぞくのルール 2013* >>