Sun , Jan 18 , 2015
ピアノのレッスンの日でした。

来月のレッスンで辞めますと最初に先生に伝えた。
少し話をして、いつもと同じようにピアノを弾いた。
少しまた、話をした。
先生の話に泣いてしまった。
不覚に泣いてしまったこと、
ピアノを辞めると言った自分、
そんなことが、とても恥ずかしくて涙が止まらなくなった。
間抜けなことを頭で必死に考えて、涙を止めた。
ピアノの演奏で、今の自分の気持ちをズバリと当てた先生が占い師のように見えた。

実家の二軒となりで、二つ年上のお姉さん。
小学校から知っている仲。
幼馴染と思っていたけれど、
初めて先生と生徒になれた瞬間だった。

キツイことをストレートに言ってくれたことがとても嬉しかった。
40も過ぎ、𠮟ってくれる存在が親くらいで。
その親さえも、いつまであるかわからない。
師を持てるということ、良いことだなと。
ピアノ以上に色々なことを教えてくれる。
この人は、大事にしようなどと。

続けること、続けないこと、どちらとも気力が必要。
一人で迷い続けるよりも、相手がいるのなら迷いを伝えてみるのもひとつ。
どんな些細なことも、答えは自分で出すものだけれど、
その過程で悩みを共有することは、答えに大きな違いを出すこともある。
家族のこと、夫婦のこと、子育て、仕事も、然り。

きちんと意識を持って進んでみよう。
思いを伝えていこう。
そんなことを改めて思った今日でした。
ピアノ、ずる休みしながらも、
ライフワークとして、これからも続けていこう決めました。

---------

とても、とても、遅くなりましたが、
2015!
私の毎日は、朝のヨガに始まり、お弁当と朝食作り、家族を送り出して出勤。
夕方に帰宅して、家事。
合間、合間に読書とピアノ。
これしかないけれど、こんなにもあります。
休日に特別なことをするよりも、
この平日の流れが、とても好きです。

この一年も健やかに過ごせるように工夫を忘れず頑張ります。
今年もどうぞよろしくお願いします。



[PR]
by thurezure | 2015-01-18 17:47 | つれづれと
<< Mar 7 , 2015 Nov 7 , 2014 >>