小さい頃のクリスマスの思い出。
クリスマスが過ぎて、今度はお正月。
二桁から一桁になる。

先日、小さい頃のクリスマスの思い出を夫に聞かれて、
「クリスマスケーキ!」
と迷わず答えた。
丸いバターケーキに包丁を入れて、母ヒロコがお皿に取り分けてくれる。
その光景が一番の思い出。
今思えば、たいしておいしかった訳じゃないけれど、
デコレーションされた丸いケーキにのっているサンタやトナカイにワクワクして。
メリークリスマスと書かれたホワイトチョコが自分のところにくると、
それは、それは嬉しかった。

夫の思い出は、きちんとサンタとの思い出だった。
朝起きて外を見たら、積もった雪に足あとが残っていた。
それをサンタのものと本気で思ったらしい。
(歩いてくるサンタ?笑)
妹さんと外へ出て、「サンタが来た!サンタが来たんだね!」と大喜びしたそうだ。
うらやましい思い出ね、と少しだけ思った。

写真は、夫が小さい頃に遊んでいたミニカー。
(どれもMADE IN JAPAN、MADE IN ENGLANDと書かれているものばかりで少し驚き。)
義母ゆりこさんから先日頂戴してきて我が家へとやってきた。
今では娘が遊んでいる。
巡り巡っていくもの、いくこと。
こういうことを大切にしていきたい。
でも最近少し、忘れていた。

e0025827_14133540.jpg
[PR]
by thurezure | 2007-12-26 13:53 | 家のもの
<< 幸せなこと。 あと1週間ちょっとで今年も終わ... >>