カテゴリ:つれづれと( 70 )
iPhoneデビュー
≪Oct 3 , 2014≫
念願のiPhoneデビュー。
iPhone5sのシルバーです。
とにかく、ずーっとずーっと使ってみたかったので手にできてとても嬉しいです。
設定諸々の画面など、細かい部分がかっこいい。
まだまだ戸惑うことも多いけれど、とても使いやすいです。
操作は断然ラク。
サクサクととても快調ですし。
iPhoneとスタートした10月です。

[PR]
by thurezure | 2014-10-03 06:22 | つれづれと
sept 20 , 2014
人間は書くことを通じて考えを進めていく生き物です。
書いたものを世間に発表するかどうかは別として、
物を考えるいちばん有効な方法―それは「書く」こと。
twitter : 井上ひさしbot@inouehisashi より


[PR]
by thurezure | 2014-09-20 06:23 | つれづれと
sept 19 , 2014
カバンの中にある文庫本は、ずっと「ねじまき鳥クロニクル-第1部-」
かなり長いこと持ち歩いている。
なかなか入っていけず、読め進められず、がその理由。
ここ最近は、いい調子で進んでいる。
ギョッと思う時と、好きだなーと思う時と、大波小波を繰り返しながら読んでいる。
無理して読むこともないのだけれど。
第3部のまだ知らない結末を楽しみに。

一方、夜寝る前にささっと読んでいる本が「アンソロジー ビール」
何人もの作家さんが”ビール”について書いている。
こういう本から、新しい作家さんと出会うことがある。
ビールな週末がやってきた。
涼しくなっちゃったけど、お酒となると単純にビールが飲みたくなる。

[PR]
by thurezure | 2014-09-19 06:09 | つれづれと
sept 18 , 2014
長袖、温かいお茶、良い気候になりました。

庭に花が咲きました。
何年か前に鉢で買ってきたシュウメイギク。
多年草だと知り、咲き終わった後に地植えしました。
今年も小さいながら咲いてくれました。
去年、どこからともなく飛んできて我が家の庭に着地した彼岸花。
今年も衝撃な赤で咲いてくれました。
もう終わりだねとカットした寄せ植えの中から、なでしこの花一輪。
真夏の花の大きさの半分ほどの小ささで、まだ咲いてくれる朝顔の花。
優しい顔で。
e0025827_06100328.jpg

[PR]
by thurezure | 2014-09-18 06:16 | つれづれと
Aug 31 , 2014
暦は明日から九月。

こおろぎが一匹、家にまぎれ込んだ金曜日。
一人、真夜中畳でごろんと横になり読書をしていたら、黒い動く物体。
(こおろぎ!跳ねた!)
この部屋にはもう居れないと、速攻二階へ行き皆と寝る。
翌朝、早起きして洗濯。
透明の洗濯かごに、こおろぎのシルエット。
(ギョッ!)
殺虫剤を持ってきたけれど噴射する勇気もなく、
残酷過ぎと思い見なかったことに。
夜、子供達が同じ場所で発見して、
夫が無事外へ帰してくれた。

[PR]
by thurezure | 2014-08-31 13:03 | つれづれと
Feb 8 , 2014
録画した最終回の「紙の月」を見終えた。
それぞれの女性の気持ちがわかるから、
毎回、息苦しかったのかなと最終回にして思った。

最終回、それぞれに好きな終わり方だった。
一億円横領した主人公の最後。
浮気された妻の最後。
買い物依存症に苦しんだ一人の女性の最後。
それぞれに、自分で進んでいくのだと思えたから。

私も、登場人物の女性たちのように、
きちんと自分を愛せていないのかもしれない。
きちんとしなくちゃ。

-----------

ママは死んじゃうの?
ママが死んじゃうことを想像して、泣くときがあるんだよ。
と、娘が泣いた。
えー?ママ死んじゃうの?
と、つられて息子も泣いた。
(私って、幸せものだな。)

カレンダーに「ママ ガン検診」と書いておいたのがまずかった。
市の無料検診を受けておこうと思って。
いざ近づくと怖いものです。
仕事の忙しさもあり、来月に延期してしまいました。
子供達のためにも早期発見。
来月こそ必ず。


[PR]
by thurezure | 2014-02-08 16:20 | つれづれと
Feb 3 , 2014
昨日は、ピアノの稽古の日でした。

最後の最後で少し失敗してしまったけれど、
うん!きれいに弾けたね。
と先生に丸をもらう。
できなかったことができるようになって、できた!と一人喜んで、
稽古で、たまに褒めてもらって、それを励みにまた頑張って。
そんなことが単純に、楽しい。

とりあえず一年と思って始めたピアノ。
春がきたら丸一年です。



[PR]
by thurezure | 2014-02-03 06:02 | つれづれと
Feb 1 , 2014
娘の相談を聞いて、
知らぬ間に成長していたんだなーと感じた一週間だった。
お友達とのかかわりあい。
悩んでいる子供に親ができることって何だろう。
アドバイス、などと言える立派なこともできず情けなくもなったのでした。

背中をさすって、腕をさすって、手を握って、うんうんと聞いていると涙を流して娘が話し始める。
つられて一緒に泣きそうになるのを必死で堪える。
一緒に食事をして、一緒にお風呂に入って、一緒に眠る。
手を握るとすぐに眠る。
翌朝、ケロッとしてご飯を食べて元気に登校。
今日は、一緒に遊んで楽しかったよと笑顔。
日々変わるお友達との様子。
まだまだ幼い小学2年生なんだな、と安心してみたり。
娘が身も心も大きくなり、さまざまな問題が出てくるものと改めて実感。

一方、年長組の弟は未だ「The こども」
私に髪を切ってもらって、かっこよくなった!と気に入って元気に登園。

ママぁ、あのね。
りさちゃんに、ボク、かみきったんだよ。わかる?
ってきいたらね、そうだよねっていうんだよ。
そうおもったんなら、さいしょっからそういってほしいなっておもったんだよ。

としょぼくれている、、、10年早い。笑

困ったこと、悩みが生じた時に力となれる関係でありたい。
一人ぼっちと感じさせない家族環境。
親にできることって、ありそでない。
なさそで、ある。
うーん。笑

日々朗らか。
実家の母がしてきたこと。
それが一番素敵で、一番大切なことと今思う。
目標、母だなと。

---------

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない

為末 大/プレジデント社

undefined


『諦める力 / 為末大』
アスリートとは全く無縁の私ですが、とても良かったです。
実は、子育てに役立つかなと手に取ったのがきっかけでした。
読んでみれば、私自身に語りかけてくれたものがたくさんでした。
どなたにでも響くものがあるのではないかと思う一冊です。


[PR]
by thurezure | 2014-02-01 17:21 | つれづれと
19 Jan , 2014
昨日から、『ニシノユキヒコの恋と冒険 / 川上弘美』を再読。
映画になって来月公開のようですね。
あまり好きではなかったなぁとだけ記憶があるようなないような、、、。
何年ぶりかに読んで、なんだかとても良くて。
いったいどこを、どう読んでいたんだろうと。
通勤電車で読み入ってしまったのでした。

そして、土曜出勤の帰りに久しぶりに友達と二人でお茶して食事。
実にファミレスで5時間半。
しゃべる、しゃべる。
どこにでもある、だけど自分の中では大きな問題となっている話しや、
話しても聞いても疲れる”愚痴”を、スカッと爽快に話したり。
いやーな話も爽快に心身軽くなって、よし!がんばろうねと終われるのは、彼女だからだと思う。
存在に感謝している。

帰りの電車で、またどうしようもないニシノユキヒコの話を読んで、
お風呂あがりに、お酒を飲みながらまた読んだ。

ユキヒコ。戻れなくて、つまらないよ。
ユヒヒコ。時間が流れて、さみしいよ。
ユキヒコ。わたしたちは、ばかだったね。


この場所で、初めてこれを読んでいた何年か前の自分を思い出す。
ここを読んできゅんとしたことを。
そしてまた同じ場所できゅんとした。
変わらないなと。
再読は面白い。

私は、ユキヒコが嫌いです。
でも、ユキヒコを好きになる女の人が嫌いじゃないように思います。

[PR]
by thurezure | 2014-01-19 18:59 | つれづれと
15 Jan , 2014
実家の猫が病気らしい。
18,19ともなれば人間年齢で90才くらい。
お年寄り猫です。

真夜中に鳴いてご飯をねだる。
ひどい時は、二時間おきに。
呆けてしまったのかと思ってみたり。
それに付き合う母も大変だなと、そこも心配になります。

子猫の時から診てもらっている先生に診てもらうと、
「歳だからね~。仕方ないよね~。」と。
注射を一本打ってもらう。
薬の治療も今のところは、ない。
「ここまできたら、にゃーちゃんに付き合うわ。」と母。

一日過ごしたリビングで、そのまま朝まで寝る猫。
暖房を切ったあと、少しでも暖かくしてあげようと、
定位置の毛布の下にカイロを一つ入れてあげることにした。
すると、夜中に鳴いてご飯をねだることがなくなった。
母も朝4時までは起こされず眠れるようになったとのこと。

食欲旺盛で性格も丸くなり、人嫌いが嘘のように甘える猫になった。
一見健康そうに見える。
けれど、これらの症状は体の異変に伴うものと説明された。
食べても食べても痩せていくようになったりもするらしい。
丸くなった性格は弱ったことでもあるんだなと思うと切ない。
にゃーは、どうして欲しいと思っているのか。
言葉が分かったらいいのにと本気で思う。
死んじゃうかもと思うと、涙ばかり出る。
「かわいい、かわいい。大好きだよ、大好きだよ。」
と隣でいっぱい声をかけようと思う。
うるさそうな顔をされても、しつこいくらいに言おう。

e0025827_05263762.jpg
[PR]
by thurezure | 2014-01-15 05:46 | つれづれと