<   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
水ようかん。
初めて水ようかんを作ってみた。
材料は、粉かんてん、砂糖、水、あんこ、塩少々。

粉かんてんと水を鍋にかけ、砂糖(と塩)を加えるところまでは、かんてん作りと一緒。
それをあんこの入ったボールに注ぎ入れて溶かす。
溶けたら、底を冷水にあてながら粗熱を取り、とろみをつける。
*このとろみをつけないと水分とあんこが分離してしまうし、
とろみをつけ過ぎると、器にきれいに平らになるように注ぎ入れられない。
(…このとろみ加減が難しかった。)

ゆるめの水ようかん。
さっぱりとしておいしかった。
麦茶と水ようかんで3時のおやつ。
日本人で良かったと思った。
e0025827_8152422.jpg
[PR]
by thurezure | 2007-07-23 08:12
「かもめ食堂」
朝から雨。
ひどい湿気で畳まで湿っぽい。

しっとりした空気の中、今さら「かもめ食堂」を観る。
”人から煎れてもらったコーヒーは美味しい。”
”他人が握ってくれたおにぎりは美味しい。”
という言葉に納得。
何が食べたいのかわかならいという、ここ数日続いた贅沢な悩みも、
そうか人の作ってくれた何かを食べたいのかもと思ってみたり…。

それにしても、静かな土曜日だ。
[PR]
by thurezure | 2007-07-21 15:08 | 観たもの
パンからエネルギー。
いつもは定休日なのに、ひょっこりと開いている時があるパン屋さん。
昨日も、そんな日だった。

ライ麦パンに、ドライで甘酸っぱい何とかベリーが入っていて、
クリームチーズがサンドしてあった。
軽く温めて食べた。
(120度のオーブンに3分ほど。)

パンよ、パンよ、パン様よ!なぜこんなにも私をしあわせにしてくれる!
…と大げさに感激しながら食べた。
e0025827_9533392.jpg
[PR]
by thurezure | 2007-07-19 09:46
地震から3日。
先日ブログをアップした後、大きな余震があった。
ガツンッ!と強く揺れて少し揺れた。
時間的にはすごく短かったものの、恐怖を感じた。
真っ先にお昼寝から起きたばかりの娘のところへ行き抱きしめた。
その後しばらくドキドキ、ドキドキが止まらなく、
一人あわわ、あわわとなり、最悪な場面まで想像したりして泣きそうになった。

柏崎のおばとは、その後すぐに連絡がとれ、みんなの無事が確認できた。
家が歪んだようで窓も閉まらず、玄関のドアの鍵もかけられない状態。
家の前の電柱は斜めに倒れていてライフラインは完全にストップ。
食べることもできないし、家に居ることの恐怖もあって当日夜から避難場へ。

翌日、ヒロコとマサオで車にたくさんの食料品など積んで朝から柏崎へ。
思ったよりも道路の傷みも少なく、時間的にもスムーズに行けたとのこと。
テレビで見たままで、改めて凄さを実感したと言っていた。
避難所に到着後すぐ、おば家族(ヒロコの妹)と会えて話しもできたしと喜んでいた。
おばの家の被害は、ぜんぜん軽い方で周りはもっともっとひどいらしい。
ヒロコの話しっぷりから、おばの元気な様子も伺えて安心した。

今後、大きな余震が起きないことと、1日でも早く普通の生活に戻れることを願うばかり。
地震になんて、負けない!
[PR]
by thurezure | 2007-07-19 08:00
連休最終日…地震。
本日10時過ぎに地震。
私達は朝から出掛けていて、地震の瞬間はちょうど郊外のショッピングセンターの駐車場に到着した時だった。
館内に入ると、
「当館は、耐震構造設計なのでご安心下さい。
 ただし、エレベーターは念のため点検作業が終了するまで中止させていただきます…。」
とアナウンスが流れていた。
地震の大きさを実感。
真っ先に家電売り場へ行き、テレビでニュースを確認。
(すごいー!)
そうこうしていると、携帯に実家や友達から心配の電話やメールがどんどん…。
何だか落ち着かず、娘をこども広場で少しだけ遊ばせて、お昼も食べずにすぐにとんぼ帰り。
(いったい何しに行ったんだか…;)

幸い我が家は、部屋の物が何ひとつ倒れていなくて被害はなかった。
でも叔母が、今回被害のひどかった柏崎市に住んでいて、食器棚や家具が倒れて家の中が大変な様子。
とりあえず家の外に出て避難しているとのこと。

天災ばかりは防ぎようがない。
防災グッズの用意を真面目に考えなくちゃと思った。
[PR]
by thurezure | 2007-07-16 15:05
連休2日目。
今日も台風の影響で雨。
5本、映画をレンタル。
「間宮兄弟」を観た。
”これ、最後まで観ないなぁきっと。”と思ったわりに、
不思議とまんざらでもなくなってきて、最後までしっかりと観た。
(塚地さんが苦手なのは最後まで変わらなかった…;)

今日のお昼は、《みかづきのイタリアン》
3時のおやつは、ミスタードーナツ。
お夕飯は、焼き肉。
手作りした焼き肉のタレが意外にもおいしくできて、今日1日の良い締めくくりとなった。

ーmemoー
焼き肉のたれ
●材料(3/4カップ分)
 しょうゆ 大4
 酒、砂糖、おろし玉ねぎ 各大2
 サラダ油 大1
 酢、おろしニンニク 各小1
●作り方
 容器に材料を入れてよく混ぜる。肉200gに対し、たれ大4を混ぜ、20分おく。
 *辛くしたいときは、豆板醤を。
 *日もち一週間。


e0025827_22395832.jpg
[PR]
by thurezure | 2007-07-15 22:48
冷たい抹茶。
高校生の頃の話。
真夏の太陽がギンギンの中、自転車をこいで学校帰りに友達の家へと遊びに行った。
友達のお母さんが家に入ってすぐに、
「暑かったでしょう!どうぞ〜。」
と出してもらったのが、初めての出会いだった。
少し甘くて、少し苦い。
深く濃い緑色をした冷たい飲み物、抹茶。
(おいしい!)
帰ってすぐに母ヒロコに説明したけれど、伝わったのか伝わらなかったのか、
母ヒロコは嫌いだったからなのか、その後それをまた口にすることはなかった。

だから余計に記憶に残ったのか、
暑い夏になると濃い緑色をした、冷たく甘く苦い抹茶が飲みたくなる。
「なつかしいなぁ。アケのお母さん、元気かなぁ。あの日、暑かったよなー。」
などと思い出しながら飲む。
毎年。

台風の影響で新潟も雨。
しっとりした1日。
どこへ行くでもなくのんびりと過ごした。
嫌いじゃない休日の過ごし方。
e0025827_23122661.jpg
[PR]
by thurezure | 2007-07-14 23:19
趣味を持つ。
友達が遊びに来てくれて、またまた本を大人借り。
パラパラっとめくっているだけで満足できる、そんな素敵な本ばかり!
早速、畳の部屋で足を投げ出し、壁にクッション置いて、
みんなが寝て静かになった後一人で少だけ読んでから寝た。

家に居ると、ついあれもこれもと回遊魚のように動きまわっていることも多くて、
意外と休めなかったりもする。
読書や編み物など、家事以外に集中できるものがあるとやっぱり違うなーと思った。
バタバタとする時間の始まる前の朝の時間や、おさまった夜の読書時間。
おそろしく、くつろげる。
(素敵な本を、いつもありがとうございます。)

ぬりものとゴハン/赤木智子
器とくらす/中川ちえ
私たちのお弁当/クウネルお弁当隊
私の作る郷土料理/ふるさとごはん会
美しいもの/赤木明登
日々 08
Billet vol.3


e0025827_8353384.jpg
[PR]
by thurezure | 2007-07-13 08:36
あんこが食べたくて。
食の安全について不安を感じる最近。
やっぱり自給自足な昔は、色んな意味で健康だったのだ思う。
便利でラクちんの代償は大きいなぁ。
(色々と。)

涼しんだか、暑いんだかわからない。
あんこが食べたくなって、あんみつを作って食べた。
アイスクリームを加えてクリームあんみつにしたかった。
さらに白玉だんごも加えたら大満足だったな。

夫に東京転勤の話が浮上。
消えてなくなって!と願うだけ…。

e0025827_8413146.jpg
[PR]
by thurezure | 2007-07-11 08:43
ちっともエコじゃない。
家電製品の修理は、見てもらうだけでお金がかかる。
(直らなくても見積もり料金とやらがかかる。)
そして、買った方が安いと言える金額の見積もりがあがってくる…。
寿命もあるだろうけれど、まだきれいなのにと思うと”もったいないなー。”と思えて仕方がない。
ここまで高いと修理をするな!と言われているようにも思えてくる。
(安い新品が余裕で買えちゃう…;)

結局、新しい物に買い替えることに。
地デジ放送になる年までに、夫が捨てられないVHSのビデオを全てDVDにダビングしたいからと一体型を購入。
(地デジに対応していないため、数年後にまた新しい物を買うという。)
ゴミを買ったようにも思え、私としてはなんだかなぁという気持ちでいっぱい…。
[PR]
by thurezure | 2007-07-09 17:42