<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
誕生日プレゼント
主人とヒロコ(母)は、誕生日が同じの5/4。
毎年、プレゼントに悩むのです。
楽しい反面、労力を要する。

今年はネットで注文。
実に朝から一日掛かりの大仕事。
ネットで検索すればするほど悩む。
商品を見れば見るほど悩む。

あ!っと夕方やっとこさ思いついてからは早い、早い。
今年の5/4生まれのこの親子には「扇子」で決まり。
去年欲しがっていた主人。
暑がりヒロコには持って来いのアイテム。
いくつあっても困るまい。うふふ。
ところが扇子と言ってもいろいろ…。
日本製にこだわって。
シンプルに。
そして、やっぱり扇子の風情はきちんと大切に。

創業1718年京都老舗-白竹堂

e0025827_1931983.jpge0025827_1934178.jpg
[PR]
by THUREZURE | 2011-04-30 19:12
「Solitude」
「大江千里」
出会いは、私が中学生の頃。
それから10年と少し経った24才の頃、
私の生活の中から少しづつ消えていった。
そして、それから13年後。
38才の誕生日を迎える頃、私の生活には再び欠かせないものとなった。
(ひとまわり違う千里さんは、50才となっていたのですね。)

1996年の「SENRI HAPPY」以降のアルバムを買い集めることからスタート。
15年近くも遡って千里さんを追う。
これがまた、今じゃとても大変だったりする。
すでに廃版になっているアルバムも少なくなく、手に入れることが難しい。
それでも!探し出し手に入れる。これが私の極上の楽しみとなっていく。
(「探してた大江千里のCDあったよ!」と主人の夢にも出てくるほどに。うきゃきゃ。)

死んでいた細胞が蘇り、新しい細胞が生まれていくよう。

2000年9月に発売されたアルバム「Solitude」
私が手にしたのは、10年後の2010年秋の日だった。
毎朝、毎朝、毎夕、毎夕、聴いて出勤&帰宅することが何よりの楽しみなのだ。
e0025827_1048021.jpg
[PR]
by thurezure | 2011-04-29 10:49 | 聴いたもの
『大人の切り絵のほん 矢口加奈子』
自分の原点を考えていたらラクになった。一つではなく。場所とも限らず。色、言葉、形、場面、映像、音、匂い…たくさんあった。どれも原点で。嫌なことも原点になるんだとも思った。

めったにつぶやかないtwitterで昨日の朝つぶやいてみた。
デザインを学校で学んでいたころ、先生から”ライフワーク”という言葉を聞いた。
暮らし、仕事、の他に趣味以上のものを持つ。
そんな人になると決めていた。
日々流されて暮らしてきた。
時間に追われ、気づけば何もないようにさえ思ってみたり。
家族の食事を作り、仕事をし、家をきれいにし…。
でも、そんな毎日も悪くないとも思う。

時々自分を襲う虚脱感みたいなものは拭い切れない。
模索している。

-------------

さてこの本。
偶然、ブックオフで見つけ購入。
ずっと書店でパラパラしては気になっていて。
模様が好き。
幾何学模様も。
刺し子の模様も。
この模様、切り絵で作っちゃうから驚き。

e0025827_617962.jpge0025827_6173496.jpge0025827_6174942.jpge0025827_618011.jpg
[PR]
by thurezure | 2011-04-27 06:18
4月26日
浅い眠りでした。
午後から病院へ。
午前中は園の行事で、娘のお誕生日会を見に行く。
なので会社はお休み。

年長さんの娘。
先日入園したばかりと思っていたのに。
最近…マツコデラックスより大きなおにぎりを食べた夢を見たよ!
とジェスチャーつきで教えてくれた。
(そんな夢、ママには想像すらできないよ。)
今日のお誕生日会では、ステージの上でどんな姿を見せてくれるのか。
園での誕生日会、最後だね。
4月生まれの子は、3月生まれのお友達よりも何でも早くに終わってしまう。
そんなことが良くも悪くも大人になって、繰り返し繰り返しやってくることでしょうね。

『空色のアルバム 太田治子』
今読んでいる本。
太宰治さんの娘さん。
本の中で、お母さんと新潟にいらした話が載っていた。
新潟高校でお父さんは講演を開いたことがあるのよ、とお母さんから教わる場面も。
太宰治がグッと近くに来た。時間を超え。
*しおりは、好きなカードをカットして作ったもの。
(アネモネの花が好き。)
e0025827_6135621.jpg
[PR]
by thurezure | 2011-04-26 06:15
カバン
今朝起きて、髪を切ったことをすっかり忘れていて鏡に写った自分を見てびっくりしました。
(軽い。)

春前からずっと新しい鞄が欲しくてずっと探していたのですが、見つからず。
鞄を収納しているケースを開くと昨年夏に使ったトートが。
中身に無印の鞄の中に入れる鞄を。
(これが、とても良いのです。)
もう一度、自分の持ち物や洋服を見直してみると良いです。
今朝開いた時の「暮らしのヒント集(暮らしの手帖社HP)」でも同様なことがあたってうふふと思いました。
e0025827_6103410.jpg


今朝もRyuichi Sakamotoでスタート。
「Parolibre」
にとても感動したのでした。
検索してみると、フジコへミングさんも弾いていると知る。
「遠い星から故郷の地球を想う曲」
「ショパンの前奏曲の13番のパロディー?」
などとも…。
[PR]
by thurezure | 2011-04-25 06:12
坂本龍一
「Ryuichi Sakamoto Europe Tour 2009 」
昨夜BSで観ました。
ピアノを弾く姿が好き。
音楽に対する考え方にも感動しました。
私自身が持っているアルバムはこれだけ。
朝から聴いてのんびりと過ごせました。

午後から髪を切りに。
セミロングからショートに。
次回はもっと短くしよう。
解放して身軽にいこうか。
などと思ってみたりして、まずは髪を切ってみた次第。

e0025827_18394754.jpg
[PR]
by thurezure | 2011-04-24 18:45 | 聴いたもの
さくら
つぼみが膨らんできたなぁと眺めて出勤。
帰宅してきたら、花が咲き進んでいた。

翌日の朝見る桜は満開で、空は曇りのち雨模様。
(散らなければいいけれど…。)
次の日も姿の変わらないでいてくれた桜の樹にホッとする。

雨あがりの翌朝。
とても美しく見える。
静寂で。
凛として。
それでも優しく淡い桜色の花々は、ふっくらとやわらかで。
雨で黒々とした太く力強い樹。

カナダの友達の近所にも桜が咲いたと満開の桜メールが来たのはひと月前のこと。
日本列島に、世界に桜が咲く。
たくさんのことを想わせてくれる今年の桜。
書ききれないけれど。
花は素晴らしい。
e0025827_11162530.jpge0025827_11152112.jpg
[PR]
by thurezure | 2011-04-23 11:18
涙が、ぽろぽろと。
4/13娘の誕生日。

娘の大好きなチキンのグリルと前日に本人からリクエストのあったカルボナーラを並べる。
真ん中にま~るいケーキ。

にこにこ食べて、
「ママ!合格!」
の言葉に胸がいっぱいになってポロポロ。
いろいろな思いがあふれて、ただただポロポロ。

現在、過去、未来…。
いろいろと思ったら、涙が止まってもまた溢れて。
楽しいとなおさらなんだか笑いながら涙腺がゆるんで…。
楽しいのに切なくて。
[PR]
by thurezure | 2011-04-14 06:21
ラナンキュラス
おはようございます。
毎朝5時半起床。
すっかり明るいです。
パソコンONして、ササとチェック。

暮らしの手帳社のホームページが好きです。
今日の編集部をクリックして出てくる写真が好き。
暮らしのヒント集、今日はこのメッセージから。
「好きなことはおおいに楽しみましょう。つらいこと、いやなことからはおおいに学びましょう。


月曜日。
嫌いじゃないです。
今週13日は娘の6歳の誕生日。
2日前の6年前(今日)を思い出している。

新潟も春です。
昨日、色違いで鉢を2つ買いました。
去年買いたくて買えなかった花なのです。
机のわきの棚に一つ。
リビングのチェストの上には黄色い鉢を一つ。
いくつも大輪を見せてくれるのでしょう。
楽しみです。
e0025827_6103418.jpg
[PR]
by thurezure | 2011-04-11 06:16
静かに強く思うこと。
震災後、本を読めず、歌も聴けず、でしたが、
落ち着いて開いた本は震災前と同じ、人間失格でした。
希望や勇気。
などといった前向きなことよりも、太宰治の後ろ向きな人間臭さがなんだか私には受け入れやすかったのかもしれません。

人間、前向きが一番とも思いません。
元気が強く生きることとも思いません。

明日で、一ヶ月。
津波に飲み込まれ一瞬にして命を奪われた多くの人の冥福を祈ること。
震災後、強く思った気持ちはより強くなりました。
原発、放射線などよりも、私には大きなことです。

夜空を見上げ今日も、冥福を祈る。
星に祈りを。
節電で空が黒くなったかもしれない。
星がより見えるようになったかもしれない。

3/11に起きた震災を憎み、海よ、地震よ人間をなめんなよ!
と負けない気持ちを持ち、そしてこの悔しさを絶対に忘れない。
[PR]
by thurezure | 2011-04-10 16:26