<   2011年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
『百万円と苦虫女』

百万円と苦虫女 [DVD]

ポニーキャニオン


≪あらすじ≫
「就職浪人中の鈴子(蒼井優)は、アルバイトをしながら実家で暮らしていた。
 彼女は仲間とルームシェアを始めるが、それが思いも寄らぬ事件に発展し、警察の世話になる。
 中学受験を控えた弟(齋藤隆成)にも責められ家に居づらくなった彼女は家を出て、
 1か所で100万円貯まったら次の場所に引っ越すという根無し草のような生活を始める。」

:::::

実家を離れて暮らすことになってから行った先々から主人公の姉ちゃんは、弟へ手紙を送ります。
最後の手紙がとても良かったです。
映画のテンションやカラーがゆるくて、のんびりと観れました。
笑いもあり。
終わってみれば、良かったな!といった感じでした。

姉ちゃんへ
元気にしてますか?
この間、僕の机の上に花瓶がありました。
すごく頭にきて、僕はその花瓶を割ってしまいました。
そして、いたずらをした奴らとケンカになりました。
そしたら、そいつがケガをしてしまいました。
そして僕は、児童相談所というところへ連れて行かれました。
ケガをさせたのは悪いから、そいつにあやまりました。でも、許してくれません。
姉ちゃん、僕はそんなに悪いかなぁ。
ケガをさせたのはわるいけれど。
お父さんとお母さんは転校したほうがいいと言っています。
けど僕は、あの日の姉ちゃんのことを思い出して、何があっても逃げないと決めました。
だからこのまま、みんなと同じ中学へ行きます。
受験は、しません。
姉ちゃんに恥ずかしくないように僕も頑張ります。
姉ちゃん、お父さんもお母さんも心配しています。
たまには電話でもしてやってください。
拓也


拓也へ
今まで手紙を出さなくてごめん。
姉ちゃんは元気に生きています。
姉ちゃんは自分のことをもっと強い人間だと思っていました。
でも、そうじゃありませんでした。
家族でも恋人でも、長く一緒に居られるコツって
「一番大事なことは言わないでいること」なんじゃないかって思っていました。
おとなしく、適当に愛想笑いをしていたら、トラブルなく過ごせると思っていました。
いつの間にか何も言えない関係になってしまうのは、不幸なことです。
人は出会ったら必ず別れるのだと思います。
その別れが怖いから、姉ちゃんはムリをしていました。
でも、出会うために別れるのだと今気づきました。
好きな人とお別れしたって、ちっとも泣くようなことじゃないって思いました。
姉ちゃんに言われても説得力ないって思いますが、拓也は悪くないよ。本当にえらいよ。
姉ちゃんは、いろんな人から逃げてきましたが、今度こそは次の町でちゃんと自分の足で立って生きていこうと思います。
拓也に勇気づけられました。ありがとう。
鈴子

[PR]
by thurezure | 2011-07-31 07:59 | 観たもの
避難勧告
この大雨で、私の住む地域にも避難勧告が出されました。
テレビのニュースで知り、あたふた。
どうしたら良いものかさっぱりわからず。

ホームページを見てみると、
「2階などの家屋で安全が確保できる場合は、自宅にて待機をしてください。
 ただし、身の危険を感じた方は、避難所へ避難してください。」
とありました。

昨日、今日と、県外海外の友人からたくさんメールや電話がきました。
仙台の友人からも。
震災の翌日の朝に電話をして以来でした。
お互い、こんな時にしか連絡しないなんてね~、などと笑って小一時間ほど話しました。
心配してもらう気持ち、本当にありがたいと実感。

今は、すっかり雨は止み青空です。
蝉の鳴き声も何日ぶりかと思えるくらいに響いています。
この雨の中、蝉はどこで何をしていたのかと思ってしまいました…。
まだまだ安心はできません。
ニュース、市のホームページなどチェックしつつ、引き続き自宅待機です。
[PR]
by thurezure | 2011-07-30 15:30
雨よ、止んでください
こちら新潟、豪雨です。
自然の猛威に恐怖さえ感じます。

昨日の朝の電車は運休になったり、大幅に遅れたり。
日中は部屋が暗くなるほどに、雨がずっと降り続いていました。
帰りも、これはあやしいと思い、定時であがって駅へ行ってみると…まさかのまさか、動いていませんでした。
改札は大勢の人で、発車の見込みも全くない様子。
お昼過ぎに全線見合わせでストップし、16時過ぎに数本の電車がようやく発車し出したとのこと。
そしてまた、ストップ。

急きょバスで帰宅することに。
みんな考えることは同じ。
ギューギュー詰め状態で一時間半、ずっと立ちっぱなしでバスに乗車することに。
帰宅してテレビをつけると、ようやく電車が動き出したと知る。

そして、今朝もまだ外は雨。
お願いです。雨よ、止んでください。
[PR]
by thurezure | 2011-07-29 06:22
『空色のアルバム / 太田治子』
太田治子。
太宰治の娘さん。
未婚の母、太田静子さんの子として生まれる。

まだ子供だった治子さんに、読んでも良しと母親から許されていた本は
「走れメロス」「斜陽」「千代女」の三作。

寂聴さんの本で、川端康成さんも感動した書として「ふたりの散歩道 / 太田治子」を紹介されていて、
それがきっかけで、私は太田治子さんを知りました。
NHK「日曜美術館」の初代アシスタント司会者としてテレビにも出演されていたのですね。
「私生活では長く独身を通していた。
 これは自身の出生の経緯や母・静子さんの肝臓癌発覚による看護・死去(1982年11月24日、享年69)による。
 30代後半に編集者である知人の紹介で見合い結婚をし、1987年に女児(万里子)を出産したが2004年に離婚。
 これに伴い、現在は文筆業を中心に再び盛んに活動している。」

私の中では、太宰治はものすごく遠い時代の人で、
その娘さんにあたる治子さんも、やはりすごく遠い時代の人に感じます。
(実際は、私の母と同じ歳にあたるというのに。)
この「空色のアルバム」は、治子さんが当時17才~20代後半に書かれたものです。
それから40年以上経った今の治子さんは…などと、現在の本を読んでみたくもなります。

治子さんが、太宰治の娘であるために、背負わされた十字架は重すぎたことでしょう。
でも、解説にもありましたが、この本で書かれていることはメルヘンのようで、
かなしく、苦しいことも、不思議に湿った暗さを感じなかったのです。
母静子さん、父方、母方の叔父さん、叔母さんなどにとても可愛がられ、
そして自身の前向きに生きる様子がとても伝わってきた一冊でした。

:::::

「この子は私の可愛い子で父をいつまでも誇つてすこやかに育つことを念じてゐる」
生まれたと時、父が書き置いてくれた言葉。

「二十年経てば、世間は君の生き方を認めてくれるよ」
お腹に赤ちゃんができたことを告げられた時、太宰が言った言葉。
母の胸に深くしみた。
そして、生まれて半年目に太宰は死んでしまった。

父のことを、神さまのように偉い人と漠然と思っていたのが、
作品を読んでからは実感として信じるようになった。
作品を読むまでは、世間普通の家の子として生まれてきたかったと思っていたが、
読んでからは、これほど引きつけられるよな素晴らしい文章を書いた父親だったのだから、
平凡な父を持っている人より、ある意味では、仕合せだと思うようになった。

[PR]
by thurezure | 2011-07-28 05:47 | 読んだもの
「絵本の世界へ旅しよう」
新潟市新津美術館で開催中の「絵本の世界へ旅しよう」へ行ってきました。
やはり、絵は原画をみるものと改めて実感しました。

「チリ」とチリリ / どいかや」
本当に可愛かったです。
優しすぎました。
それでも、存在感たっぷり。
絵本ではずっと見てきた絵でしたが、原画を目の前にしてその繊細さにびっくりしました。
どいかやさんの世界が、きちんとそこにはありました。
最後にもう一回!と引き返してもう一度見てきた作品でした。

「ぞうのエルマー」
こどもたちが、この絵を一番楽しんでいました。
どの模様が好き?
うーんと、これ!
などと、ひそひそ声で話したりして。
↓場内はもちろん撮影禁止ですが、展示会場入り口付近に撮影用に大きなぞうがいたりします。
e0025827_5403391.jpg
「星の王子さま / サン=テグジュペリ」
世界で6点しか発見されていないサン=テグジュペリ自筆の『星の王子さま』の原画より、
2007年に日本で発見された貴重な1枚「実業屋」を初版本とあわせて展示されてありました。
↓この人です。この原画に会えますよ。
e0025827_543291.jpg


:::::

展示会場内では、絵本をゆっくりと見れるスペースもありました。
展示の絵がどんなふうに本になっているかを見ることができてとても良かったです。
原画のすばらしさあっての絵本であることを感じました。
絵本の世界は世代や言語を越えて私たちを魅了する。
本当に、そんなふうに思えた時間でした。
[PR]
by thurezure | 2011-07-26 05:55 | 観たもの
我が家で初物、かき氷。
e0025827_5363179.jpg

初物、かき氷。
子供たち、大喜び!
ギューギューに固められたカップの氷アイスとは違って、やはりおいしいものです。
どうせなら電動にしたら良かったなと後悔しつつ、手動でガリガリ、ガリガリ。
ふわふわの氷にシロップをかけたら一気に山がつぶれてしまい、残念な気持ちに。
手順というか、コツがあるのですね。
おかわりして食べ終わる頃には、子供たちの唇と舌はみどり色に。
悪者だー!と戦いごっこがスタート。
そう、どす黒い唇で悪者に変身した子供たちなのでした。

次回はイチゴかな。
コンデンスミルクもかけて。
[PR]
by thurezure | 2011-07-21 05:56
1960年代から1980年代頭くらいの本。
売ることを目的につくっている他に、
何か自分が得た感動とか自分が知ったことを純粋に伝えたいという目的で作られている本。
この時代の本って、そういう気持ちが強いものが多い。

と松浦さんが話していらした記事を読んで以来、その時代の本がずっと気になっていました。
”神戸学校 | 松浦弥太郎さん”より。

読みかけのままだった「空色のアルバム / 太田治子」を再び読み始めました。
1979年4月刊行。
時代の色、みたいなものが読んでいて心地よいのです。
そういえば先日、読みたいと思ってメモしてきた本「わたしの茶の間 / 沢村貞子」も、
1982年1月のもの。
その時代の”得た感動とか自分が知ったこと”を、たくさん知り得たいなと。
[PR]
by thurezure | 2011-07-20 06:26
この連休。
1年ぶりに会う友達とランチへ。
カレーを食べに行く。
そのあと、二人で夏のセールへ。
麻のジャケットを70%OFFで購入。
サンダルが足に相性良すぎたので即決。
一軒目にしてお買いもの終了。
良い買い物ができ、大満足。
熱いコーヒーを涼しい喫茶店でのんびりと飲んで、さようなら。
まだ26、7と思っていた友達が、33になっていてびっくり。
出会った頃ハタチから、13年。
私はといえば、あの頃25才。
(うーん!)
戻りたいとは思わないけれど、懐かしいなと当時の自分たちの話にも盛り上がったとさ。

昨日、主人がどかーんとケーキを買って帰宅。
「わ~!ねーねー、海の日だからケーキなの?」
と娘。
(そうだ、海の日だった。海水浴に行きたがっていた娘。)
「おいしいね~。」
とニコニコ食べてくれる娘。
その屈託ない言葉と笑顔がグサグサと刺さりました。
この連休、公園遊びも海水浴もなし。
休日を満喫させてあげられず、反省いっぱいの主人と私なのでした。
[PR]
by thurezure | 2011-07-19 05:48
#01 ハニートースト
e0025827_15415951.jpge0025827_161420.jpge0025827_1549137.jpg

数年前、カフェではやった1斤まるごと使うハニートーストを食べたくて作ってみました。
これ、冷たいアイスクリームが上にあるということもあり、夏でもいけます!
(写真:左)
娘のデコレーション。
分かりずらいですが、チョコといちごソースがアイスクリームの上にかかっています。
中身をくり抜いてバターを塗っては焼く前からパクパクと食べていったから、
完成した中身のパンが少ないこと、少ないこと。
(写真:右)
ハニートーストというだけに、やはりシンプルに”アイスクリームとはちみつ”が一番!と思いました。
これには娘も、同意見でした。

:::::

●Recipe
1.食パン1斤の切り口を上にして、四辺のみみの少し内側に包丁を入れ、底から1センチくらいの深さまで切り込みを入れる。
2.1辺の側面の底から1センチくらいのところに、包丁を差し込み切り込みを入れ中身をくりぬく。
3.中身を厚み3等分に切り、それぞれを4等分にする。(中身のパンは全部で12等分)
4.外側のみみの4辺に上部から5センチ深さほどまで切り込みを等間隔に2か所ずつ入れる。
5.天板にパンを並べ、バターをそれぞれのせて、220°に温めたオーブンで約4分、こんがりと焼く。
6.パンに中身を戻し入れ、バニラアイスクリーム、はちみつをたっぷりかけてできあがり。

*中身、外側ともにバターをのせて焼くことで、風味よく焼きあがります。(必須)
*最後の底のみみの部分を食べる時まで残るように、アイスクリームは写真よりも少し多めにのせた方が後悔なくさらに最高と思います。

(きょうの料理 ビギナーズ 2010.8 コウ ケンテツさんのレシピ抜粋)
[PR]
by thurezure | 2011-07-17 16:05
『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ [DVD]

ポニーキャニオン


「愛など信じたら、すべてが消えてしまうと男は恐れている。」
「すべてを失った後に、残るのが愛だと女は知っている。」


:::::

この映画、松たか子さんのために脚本を5年かけて完成させた、とか。
松たか子さんに”さっちゃん”がぴったりな映画でした。
きらきらして、艶々して、とても美しかった。

さっちゃんの初恋相手の辻さん、
さっちゃんに初めて恋をしてしまう岡田さん、
どちらも、どうしようもなく思えてならなかった。
もちろん、輪をかけて、さっちゃんの主人もどうしようもないのだけれど。
でも、誰よりも誠実にさっちゃんをずっと思っていたのは、断然主人。
終わってみれば、これは”純愛”なんだな、などと。
解せない領域の純愛。

「あなたの知らない僕なんて、どうでもいいことばかりです。」

さっちゃんへの主人の気持ちが、よおく感じられて、とても好きな台詞でした。
余韻の残る映画で、とてもよかったです。
小説も映画もぞれぞれに良いと思えたのは初めてかも。
[PR]
by thurezure | 2011-07-17 05:43 | 観たもの