<   2012年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
運動会の応援に行ってきました。
晴天にも恵まれ、無事小学校の運動会が終わりました。
大きめの体操着を着ている一年生。
とってもかわいかったです。
最終種目の五、六年生の選抜選手のリレーは迫力がありました。
熱くなりました。
頑張っている子供の姿を見るのは、毎度のことながら感無量です。
30年経ってもプログラムも応援合戦の様子も変わらないものだね。
などと夫婦で話しながら眺めてました。楽しかった。
*フレー、フレー白組!見事逆転勝ちでした。
e0025827_16522991.jpg


そして、今回初めてキャラ弁にトライ。
キャラクターを見ながら、こんな感じかなと。
すごく簡単でびっくり。
ハムとスライスチーズとのりがあれば作れます、これ。
ブサイクですが、娘は「わ~!」と喜んでくれたので良しです。
しばらくはお弁当持参の日がないから一安心。
e0025827_1653432.jpg

[PR]
by thurezure | 2012-05-26 16:56 | こども
つれづれと
この春から、仕事帰りに学童へのお迎えが加わり、
帰宅してからは宿題のチェックと家庭学習の赤ペン先生。
夕方にすることが増えました。
その分、夕飯の支度時間を削らないとどうにもこうにもまわらず、
仕方なく出勤前に夕飯の準備を半分することにしました。
朝のうちにメニューを決めて、材料を切って冷蔵庫へ。
時間にして15分ほどの作業。
帰宅したら、あとは調理するだけの状態になっているのは随分と違うもので、
気持ち的にも少し余裕ができました。

昨日「幸せだと思うチカラを持つ」という文を目にしました。
思うチカラ、動くチカラ、願うチカラ、受け入れるチカラ…。
身についてないとしたら、自然にできるよう、工夫や努力も必要なんだと感じました。
受け身だけでは、感じることも感じられないものなのかもなどと。
「わかっちゃいるけど…」だらけの日々で、反省することばかり。
それでも、少しずつ進歩していこう。
[PR]
by thurezure | 2012-05-24 16:52 | つれづれと
一日の目標歩数。
厚生労働省が公表した「健康日本21」の素案では、
1日の目標歩数を男性は8500歩に、女性は8000歩。

「8000歩も!?」と思う人も多いのではないでしょうか。
でも、健康のためには1万歩が理想的とされているんです。
ダイエットのため、健康のために、まずは目標値である男性8500歩、女性8000歩をクリアしておきたいですよね!?

8500歩・8000歩ってどれくらい??
距離にすると、男性8500歩は5.95km、女性8000歩は5.6km(男女とも歩幅は70cmで計算)になります。
また、時間に換算すると、普通歩行(67m/分)で男性は約89分、女性は約84分となります。

*厚労省「健康日本21」素案の目標歩数 「8000歩」って意外にキツイ!?より抜粋

:::::

私の一日の歩行数は、だいたい7500歩ほど。
時間に換算すると、60分ほど。
なかなか到達しないものですね。
[PR]
by thurezure | 2012-05-23 05:50
つれづれと
保育園で飼っている、おたまじゃくしに足が生えたと昨夜お風呂で息子から聞く。
しっぽがなくなって、みどりのかえるになるんだと。
葉っぱが無いとかわいそうだなぁとつぶやいていた。
自宅では、ひまわりの種を植えて、おねえちゃんが育てている。
[PR]
by thurezure | 2012-05-22 06:02 | つれづれと
オリヅルランのカネコさん。
庭の草花の手入れも満足にできない私に、
オリヅルランを譲ってくれたのは近所の金子さん。
ここに越して間もない3年前のことです。

枯らしたらかわいそうだからとへらへら笑いながらお断りしたのですが、、
それでもいいからいいからと言われ、断りきれず受け取ったオリヅルラン。
案の定、枯らしてしまい一度は坊主になってしまったオリヅルラン。
それでも鉢を大きく変えてみたり、日当たり水やりに気を配り手をかけたら、
葉を伸ばしてくれてワサワサになってくれました。
そうなると愛着も増して「カネコさん」と呼ぶように。
お風呂の窓に置いてあげたところ、
ツヤツヤと日々元気を継続してくれたからそれ以来、定位置はお風呂場に。

そして先日、3年目にしてランナーの先に子株ができました。
3本の先に一つずつ。合計3株も。
これは、金子さんに教えてあげなくちゃです。
(あきらめずに育ててみるものだ。)
きれいな花が咲きました。
伸びたランナーを吊り下げて鑑賞するためにはお風呂場では無理で、
新たな居場所を求めてただ今彷徨い中です。

e0025827_5552355.jpg


[PR]
by thurezure | 2012-05-21 05:59 | 家のもの
つれづれと
本日洗濯2回転、終了。
子供のスニーカーもみんなのシーツも、夕方にはしっかりと乾いてくれるほどのお天気です。

ここ最近、年中組の息子が、どうして?これ何?、、、もう朝から晩まで「なになに聖人」なのです。
果てて帰宅した金曜日、イライラが重なり「うるさい!」と一撃。
(やってしまったぁ。)
しばらく泣く泣く。止まらない。大号泣。
それ以上声を出すと、もっと攻撃しそうだったので黙ることに。
しばらくして落ち着いてきた息子を抱っこして背中をさする。
「女なのに、怒った。女なのに、怖い」と言う息子。
それは違うと思いつつも説明する前におかしくなってしまい、
「じゃぁ男は?」と質問。
「転んでも泣かない」と一言。

その後、小1おねえちゃんと3人でドラえもんを観ていたら、ジャイアンとジャイ子のお話。
「ジャイアン、こわいけどやさしい。」
と息子。
「そうだよー。ママだって同じ。こわいけど優しいの。わかった?」
と娘。
(くー。おねえちゃんあっての私。)
だけど、それでも、ママは怒るし、怖いんです。うっしっし。
[PR]
by thurezure | 2012-05-20 11:40 | つれづれと
つれづれと
今井美樹さんのHPの日記を読みながら、「瞳がほほえむから」をYou Tubeで聴いてみた。
少しひんやりした朝で、この曲の緩さが心地よかったです。

今井美樹さん、40代後半なのですね。
ご主人は50代。
朝に、新しいスタートを決めたといった文章に触れて清々しい気持ちになりました。
[PR]
by thurezure | 2012-05-18 06:16 | つれづれと
nahe(ネーエ) | 文具
文房具や雑貨を展開するハイタイドに「ネーエ」というシリーズがあります。
薄マチのPVCケースで、表面が透明になっているため、中に入れたものが見えるケースです。
サイズはペンケースサイズの「S」、A6が丁度入る「A6」、以下同じく「A5」「A4」の4サイズ展開。
こういったPVCのケースではなく、革製の似たような役割をするケースはたくさんありますが、それらは、「ネーエ」のようなリーズナブルな価格ではありません。

「ジェネラルパーパスケース」のポイントは、何より発色の良さです。
全色、派手過ぎず、少しだけトーンを落としています。
この色味を出すのにかなり苦労したと伺いましたが、この絶妙なカラーリングだけで、製品の第一印象は申し分ありません。

もう一つの魅力は、マチ幅やフラップ部分のデザインとサイズ、真鍮色のスナップ、背面のオープンポケット、内部の透明ポケットといった細部の丁寧な仕事ぶりです。
全体のデザインはシンプルで、比較的ありそうなデザインですが、細部にまで気が配られている上に、端の処理なども丁寧でPVC製品にありがちな、触ると痛い部分や、圧着が上手くいっていない部分などが見当たりません。
この丁寧さがあれば、仕事でもプライベートでも、持ち歩くツールとして安心して扱えます。

*以上ハイタイドの大人が使えるケース「ネーエ」より抜粋。

HIGHTIDE ONLINE

:::::

ただ、このpvoの匂いが最初、かなりきついです。
だんだんと消えていくのですが。
消えたころに、大満足。
[PR]
by thurezure | 2012-05-17 05:55
つれづれと
新緑の季節。
緑が濃くて気持ちいいです。
うちの植物も新芽が出始めいい感じです。
道端には、たんぽぽ。
毎朝、娘を迎えに来てくれる近所の男の子が、綿帽子を持ってきてくれます。
みんなでせーので吹いて、ニコッと微笑んで、喜んで、
「いってきまーす!」と元気に走っていきます。
毎朝、こんな調子。
楽しいのです。

e0025827_662699.jpge0025827_664012.jpg

*たんぽぽは水に生けると死んじゃいます。道端だから長生きなのです。

[PR]
by thurezure | 2012-05-16 06:09 | つれづれと
つれづれと
今読んでいる本は、よしもとばななさんの「哀しい予感」です。
読み終わったら、次に誰のどんな本を読もうかと楽しく悩みます。
久しぶりに川上弘美さんを読もうかなと検索して、
そうだ、そうだ「光ってみえるもの、あれは」を再読しようかなどと。

娘の学校からの課題で、音読みの宿題が出されます。
昨日の文章は「あめですよ」でした。
ゆっくりと、はっきりと読むのです。繰り返し、お母さん(私)の前で。
(こくごの大切さを知ります。)
違う感情で読んでみましょうと遊ぶのは私。
そして面白がって読むのは娘。
外に洗濯物が干してあるのに雨が降り出しているのに気付かずにいるお隣さんへ教えてあげましょう。などと。

字がすらすらと読める。
どんどん世界が広がっていく。
たくさんの本を読む子に育ってくれたらなと思います。

:::::

哀しい予感 (角川文庫)

吉本 ばなな / 角川書店


光ってみえるもの、あれは

川上 弘美 / 中央公論新社


[PR]
by thurezure | 2012-05-15 05:51