<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
つれづれと
息子の髪を昨夜カットしました。
美容室で一緒にカットしてもらう時もあるのですが今回は私が。
100均の子供用の散髪用エプロンを使った時もあったのですが、
今回はその用意ができなかったので本人の雨具を着せて。
これが、とても良かったのです。
次回から、我が家は雨具を着せてカットします。
(フードは中に入れて、首の周りにタオルをグルリと巻いてクリップ留め。
髪が入らないようにしてあげる。)
我ながら、大満足な仕上がりに。
はい、終わり!と言うと、一気に鏡まで走っていき、確認。
そんなあたり、大人になったなーと。
ニコニコしてまた走って戻ってきて、かっこいいと一言。
(良かった、良かった。)

昨夜も(主人に)ちょっとイライラしていたのですが、
そのパワーを家事に移行してみたら、はかどる、はかどる。
ほとんどのToDoが片付きました。
負のパワーも有効活用。
[PR]
by thurezure | 2012-06-22 06:16 | つれづれと
ARNE JACOBSEN / TABLE CLOCK w ALARM
ずっと、ずっと時計を探していて、ようやく購入。
アルネヤコブセンのテーブルクロック。
コロンとしてシンプル。
後ろにボタンが一つだけ。
それがアラームのスイッチ&ライトの役目。
暗い部屋でも時間が確認できます。
短い針と長い針の具合もよくて見やすいです。
ナチュラル過ぎず、ポップ過ぎず、とても良い。

あとは、リビングの壁掛け時計。
こちらもずっとずっと迷い中…。

e0025827_5585710.jpge0025827_5591651.jpg

*付属の乾電池も、かっこいい。
[PR]
by thurezure | 2012-06-21 06:01 | 家のもの
川上弘美さん、再読中。
川上弘美さんの「舞鶴」を再読中です。

妊婦生活の頃、図書館を利用して川上さんの本をほとんど読んだのが5年ほど前のことです。
この舞鶴は、もっと前の頃だったかも。
一人目を出産して、あたふたと初めての赤ちゃん育児に奮闘していた7年ほど前の頃かな…。

最初に読んだ頃の記憶が全くない。
そして、本の内容もおぼろげにしか覚えていなくて読んでいて少し意外で。
再読って楽しいなと。
当時と確実に違う感覚で読めている。
何だか嬉しい。

久しぶりの川上ワールド。
不思議な心地よさは変わらずです。

-----

台風4号は落ち着いたのかな。
本日小学校は1時間遅れ。
それに伴い夫も1時間遅れてくれることに。
(ありがたい。)

昨日の帰りはひど雨風でした。
雨具を着て長靴を履いて、傘はささず歩く娘はキャッキャととても元気。
ママー、大丈夫?と笑いながら振り向く。
(大丈夫じゃない。)
傘で雨をよけているはずが、なぜか柄を伝い手が濡れる。

今週末は、息子のお遊戯会。
夕食中に席を立ち踊り出す。
(ニコニコと練習中。)
お行儀が悪いけれど、いいさ、いいさ。
いいぞ、いいぞー、頑張れー。
ママも頑張るぞ。
やっとこさ、水曜日。
今週は長いなー。
[PR]
by thurezure | 2012-06-20 06:02 | つれづれと
つれづれと
子供たちは、ちっとも悪くなくて。
悪いのは、余裕に欠けていた私なのです。

駄々っ子になった子供たちを見かねて、
一人、すたすたと先に帰宅。
一足早く帰宅した私のイライラはおさまらず。

最初、おねえちゃんだけが泣いていたのに、
なぜか息子も泣いていた。
少し遅れての、泣き虫二人での帰宅。

おねえちゃんを別室へ連れて行き、
ゆっくりとまず子供の話を聞いて、きちんと注意をしてくれた夫に助けられる。

残された息子。
わーっと、余計に泣いてしがみついてきた。
その力があまりにも強くて大きく反省。
どうしようって思った。
こんな時は、お風呂にしようと息子と二人お風呂へ。

きょう、いっぱい泣いちゃったね。
と言ったら、
どうしてママは泣かなかったの、と聞かれた。
相変わらず会話になっていないけれど、そうだね泣かなかったね、と答えてみた。
(正しくは、ママも泣きたかったけど、泣かなかったし、泣けなかった。だったのだけど。)

夜、布団に入って
「、、、へこんだ。」と友達にメールしたら、
「子供は、そんなもん。思い通りにならないものよ。」
とだけ書かれたメールがすぐに返信されてきた。
泣けた。
少しだけ泣けた。それで十分だった。
ラクになって、ぷつんと緊張の糸が切れたみたいになれて眠れた。
そして、夜中から明け方に何度足がつったことか。

今朝、毎朝していたことをひとつやめました。
キツキツにして余裕を失うのは本意じゃないから。
大切なことを、大切にできるように。
[PR]
by thurezure | 2012-06-14 05:59 | つれづれと
ムダを省く
我が家では、キッチンマットは使っていません。
先日、手洗い場のマットも思い切ってやめてみました。
わりと平気なものです。
タオルで手を拭く際、しっかりと水を落としてから拭けばよいだけの話。
子供たちもそれを習慣に。
髪の毛やほこりもたまらず毎日の掃除がラクです。
何より、替えのマットをストックしなくてもよくなり引き出しが空きました。

玄関マットとお風呂上りのマットのみの使用となりました。
さすがにここだけは省けない気がするのですが。どうでしょ。
[PR]
by thurezure | 2012-06-08 06:04
週末、本を買いました。

LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。 (ほぼ日ブックス #)

飯島 奈美 / 東京糸井重里事務所


ロールキャベツが食べたい、と娘に言われて。
この人(飯島さん)が作る料理は美味しいに決まっている!と感じる。
表情、手、道具、これぞ日本のお母さんとも思う。
母の料理が食べたくなる。
実家の食卓が恋しくなる。
そして、子供たちに母(私)の料理を作ろうと思わせる。
目指すは、この食卓。

暮らしのヒント集2

松浦弥太郎 / 暮しの手帖社


本当は松浦さんの違う本が欲しくて本屋に行ったのですが、なくてこちらに。
松浦さんの本が読みたくて。
「暮らしのヒント集」が好きです。
何度読み返しても、そうだよな。うんうん。と引っかかるところが同じだったりします。
自分の生活の中での大切に思う箇所が実感できます。
そうだ、やっぱりそこを大切に育てていこうと思います。

シンプル暮らしのお片づけ

柳沢 小実 / 大和書房


2010年の秋「暮らし上手の整理と収納」で数ページ載っていた方。
2011年の夏に、本になって発売されていたのですね。
雑誌に掲載されていた小物の収納法がとても気に入って参考にしていました。
さらに詳しく載っているので、この本を読むのがとても楽しみ。
[PR]
by thurezure | 2012-06-04 05:53 | 読んだもの