愛猫のはなし
2015年10月15日 PM11:20
実家の愛猫ニャーが永眠しました。
20才と4ヶ月でした。
人間の年齢でいえば、98才くらいになるのでしょうか。

もらって来た時、
舌がただれ、鳴き声が出ず、エサを食べることができませんでした。
来て早々に病院へ連れて行くと、
「かわいそうだから親猫のもとへ帰して来たらどうかな。
帰ればおっぱいだけは飲めるし…。」
と先生に言われました。
帰っても病気は治らないこと。
もらって来たんだから私が育てたいということ。
泣きながら先生に伝えると、先生は了解して、子猫にとって、大きな、大きな注射を打ってくれました。
そして薬と、えさの与え方を丁寧に教えてくれました。

元気に鳴いて欲しいから「ニャー」と命名。
しばらくして、
水を飲み、えさも食べ、元気になってから、きれいな声で「ニャー」と鳴いた瞬間の喜びは、今でも覚えています。
昨日の様です。

基本、家猫なので、散歩をしたらきちんと帰ってきます。
近所の猫と喧嘩をして、怪我で病院へ連れて行った時も何度か。
先生曰く、臆病な性格の猫だから、警戒し過ぎて喧嘩をふっ掛けることになるのよね。
とのこと。
他人に全く懐かず、チャイムが鳴ったら二階へダッシュで逃げる有様。

父が退職し、単身赴任先の横浜から帰って来たときがこれまた大変で、
懐かない猫を可愛く思わない父。
声の大きな父を警戒する猫。
ストレスからか、粗相することが増えました。
そんな矢先、猫が家に来て5年ほどで、
兄も私も次々と結婚して家を出ることに。
それからは、えさをあげる母にとても懐きました。
徐々に父にも近づいていき、大きな声にもビクともせず隣で猫座りをするように。
老夫婦と老猫、本当に仲良く暮らした、ここ10年でした。

10月14日(木)
ニャーの様子がおかしいの、と実家の母から連絡をもらったのは、朝方5時。
車を10分ほど走らせ、出勤前に会いに行く。
いつもの座椅子の上で猫座りをして背もたれに頬を付けて目を開けてじっとしている。
耳もとで「ニャー」と呼びかけても鳴いてくれません。
肩を撫でると、ふわふわとした感触は全くなく、固いとさえ感じる。
それでも、艶々とした毛並は変わらずとてもきれいでした。
夏の弱った時よりも、やつれた感じもなくて。
しっぽだけは、たんぽ、たんぽと触ると、同じように振ってくれたのが嬉しかった。
これが、水も飲まず、えさも食べなくなって三日目の朝のこと。
今日、朝いちで病院へ連れて行けば、また大丈夫かもね。
と母にお願いして、私はいったん家に戻り会社へ。

お昼休み、実家へ電話を入れると、
病院は臨時休業だったとのこと。
「もう、病院は、いいかな。」
と母が小さく言った。
私も、ニャーを見て、実は同じように思っていた。
水曜の定休日。
そして、臨時休業。
20年通った病院以外にまでニャーを連れて行くことは酷のように思えた。

会社から帰宅し、夕飯の準備をしていると、
母から携帯が鳴った。
「もうダメかもしれない。」
キッチンもそのままに、タクシーを呼んで子供と三人で実家へ向かった。
私の泊り道具だけをカバンに詰めて。

実家に着いてニャーを見たら、朝と変わらない様子。
少しホッとした。
夕飯、まだでしょう。食べなさいね。
と母が準備してくれたカレーライスを、
同じく駆けつけた兄と甥っ子と一緒に食べた。
隣の座椅子にニャーが座っていた。
「明日も学校だから、そろそろ帰りなさい。
みんなに会えて良かったよね、ニャー。」
と母が言ったのが夜9時過ぎのことだった。

兄が猫を抱っこして、次に私も抱っこした。
涙がぽろぽろと止まらなかった。
「手が冷たいよ。ダメだよ。ニャーって泣いてごらんよ。」
と何度も、何度も無理なお願いをしながらぎゅーぎゅー抱きしめた。
ひっくひっくと子供のように泣いた。

翌日、有給を取り、泊まる支度までして来たのに、いざとなったら子供たちと一緒に帰って来てしまった。
怖かった。
最期を看取ることが、怖かった。
朝が迎えられないかもしれないと思ったのに、帰って来た。

布団に入ってしばらくして携帯がなった。
「さっきだったよ。11時20分頃かな…。」
そんなに苦しまなかったとのことだった。
「急がないから。明日ね。待ってるよ。」
と母から電話を切った。
最期を看取らなかった自分を責めた。
ニャーに対して、父と母に対して、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

10月15日(金)
近所の花屋さんへニャーへのお花を注文し、
それを持参して実家へ。
娘が、どうしても一緒にさよならをしたいというので、
学校をお休みすることに。
お世話になった病院の先生へ電話で報告。
「病院嫌いな、あの子らしかったね。
絶対行くもんかと思っていたのよきっと。
本当はね、夏に来た時、痩せていたから、いつなんどき…って思ったいたのよ。
でも、夏を越したものね!すごいことだよ。
天寿を全うしたの。
立派な猫だったよ。」
と言ってくれた。

先生のアドバイスもあり、裏庭に埋葬することにした。
怖くて死んだニャーちゃんを見れないかもしれないと言っていた娘も、
撫でて、声を掛けてあげられた。
花と一緒に土に還っていった。
秋晴れであたたかい日だった。
全てが終わって、とても心が落ち着いた。
これで良かったんだと思った。

------------

「死」は、この世で一番わかりやすい「終わり」だと思った。
ニャーが私のもとへ来た夏、私は23才でした。
この秋、私は43才になります。
その頃からずっと続いていたいくつかのことが、
ニャーの死と一緒に、終わったように思いました。

かわいそうだから親元へ帰して来なさいと言われてから20年。
ニャーは、頑張ったと思います。
良かったよ、この家に来て。
そう思って死んでいってくれたと信じています。

死んでしまう数時間前、よたよたした足取りで力をふりしぼって座椅子から降り、
リビングを出て行き階段を自分で一段、一段一生懸命ゆっくりと上がり、
最初に私の部屋へ行き、しばらくくつろいで。
それから、兄の部屋へと行き、しばらく座っていたとのこと。

一人で居るのはかわいそうだからリビングへ抱っこして連れて来てあげてと母に頼みました。
最後にニャーが行きたかった場所は、私と兄の部屋だったのでしょう。
どちらも布団に入ってきては、一緒に寝ていた部屋でした。
私も兄も、結婚を機に家を出て行きました。
決してニャーを捨てた訳じゃないんだけど。
寂しかったね。ごめんね。

「ママ、ニャーちゃんは天国から見てるんだよね。
じゃぁ頑張らないとだね。」
と息子が私に言いました。

そうです。
頑張るよ。
のんびりと、そして強く生きること、教わりました。
ありがとね。
安らかにね。
これからも大好きだよ。
ずーっと一緒。

写真は、2015.7.29撮影したものです。
長い文章になってしまいました。
読んでいただきうれしく思います。
感謝。
e0025827_1854159.jpg

[PR]
# by thurezure | 2015-10-17 17:47 | つれづれと
Jul 18 , 2015
e0025827_17135125.jpg

一週間がやっと終わる。
7/13(月)
37度の猛暑日。
子供の通う小学校の体育館の温度計は、44度。
危険だから掃除は中止になり、
グラウンド遊びも中止。
7/14(火)
朝顔のつるが伸びてきた。
世話をするほどにかわいくなる植物たち。
個人懇談で学校へ。
家では見ない子供達の顔を知る。
7/15(水)
娘のピアノの発表会の本番前最後のレッスン日。
そして、義父の誕生日。
「誕生日おめでとう」の電話の後に、
発表会に来てねとお願いしていた娘。
7/16(木)
夫の健康診断、無事終了。
5キロほど昨年より痩せていたらしい。
まだまだ続く、夫の減量生活…。
7/17(金)
待ちに待った金曜日!
どんなに今週は君(金曜日)を待ったことか。
今夜は飲むぞ、生姜焼きにしようと帰宅。
おなかがすいて死にそうだと泣きそうな息子に、
とりあえずこれ食べてねと茹でた枝豆。
ご飯炊いて、味噌汁とポテトサラダと作って、
みんなでお風呂。
お風呂あがって、生姜焼きを焼いて、食卓に。
ビールが美味しすぎ。
「うまッ!最高、この生姜焼き~。」
「ママの作ったお料理、ほんとおいしい。」
うれしすぎて、プツンと一週間の緊張も解けて、思わず涙。
7/18(土)
雨が降ったり止んだりの天気。
めずらしく10時過ぎまで寝る。
大橋トリオを聞きながら外出もせず家で過ごす。
娘がガトーショコラを作ってくれて、
甘い匂いが家に流れる。
きょうから三連休。
明日は、娘のピアノの発表会で、
あさっては、映画「インサイドヘッド」を鑑賞。
良き週末としよう。



[PR]
# by thurezure | 2015-07-18 17:58 | お弁当
Jul 9 , 2015
e0025827_05494051.jpg

梅雨らしく雨の降る新潟です。
まとめて、お弁当写真です。

-----------

実家の父母、兄家族とで、親戚の所有する海の近くの別荘を借りて一泊。
バーベキューでステーキ焼いて、焚火でマシュマロを焼いて、翌日は軽く登山してみたり。

-memo-
退屈だなと思う日も。
読書して刺激されたり。
映画を観て考えさせられたり。
ドラマを観て泣いたり。
ピアノの曲に癒されたり。
ピアノの稽古でアドレナリンが出たり。
父親の体の心配をしたり。
子供の成長を感じたり、心配したり。
欲しいと思っていたものが、ポンっと手に入ったり。
親友や、古い友人を思ったり。
選ばなかった過去を考えてみたり。


毎日、
食事を作り、草花に水をやり、洗濯をして、身なりと家を整えて、
ヨガとウォーキングとピアノの稽古と読書を、自分に課して。

詳しく、詳しく、感情や出来事のそれぞれを日記に書くと違うものが溢れ出そう。
それでも、きちんと書き留めていくことが大切なのかも、などと。

気持ちと行動が合致していないなと思うこともあったりで。
でも、そんな時もあるよ、と自分に言う。

自分に課したことを、クリアーしてきたことが、どこか自分の軸になってきていると思えた今朝。
「積極的に」
ガツガツすることではなくて。
繰り返すこと。





[PR]
# by thurezure | 2015-07-09 05:10 | お弁当
June 21 , 2015
e0025827_17102832.png

父の日。
ピアノの稽古もちょうどあって、実家へ。
母は外出していて父が一人、いつものように囲碁をしていた。
「はい、父の日。いつもありがとう。」
とプレゼントを渡す。
照れくさいし、なぜか泣きそうになってすぐにピアノ教室へと家を出た。

昨日、断食したパパからのリクエストで、お昼に焼肉。
量より質と思って、少しお高い牛肉をパパの分だけ特別に買って帰る。
プレゼントは?と言ったのは子供達。
え、買うの?と言ったのは私。
結局、絵を描くことが趣味のパパへと、
スケッチブックと筆をセットにして購入。
プレゼントを手に持ち、颯爽と車から降りてパパのところへ駆けて行く息子。
「パパ!いつもありがとう。」
満足そうな、子供達。

父の日は、パパの日でもあるのだと。

[PR]
# by thurezure | 2015-06-21 17:25 | つれづれと
June 20 , 2015
e0025827_16384961.jpg

朝の通勤時間には、読書。
帰りは、一駅前に下車して家まで歩く。
そんなことを決めて過ごした6月。
昨日6/19に梅雨入りが発表された新潟。

戸惑うことがあって、気持ちが宙に浮いた状態で過ごしたここ一週間。
落ち着きを何に求めるか。

やっとこ休日が訪れた。
家事をしつつ撮りためた番組を見ていた午前中。
ミスチルのSONGSスペシャル、天皇の料理番、SWITCHインタビュー達人達。
どれもとても良かった。
全部を見終わると、
ムシムシしていた部屋も風が通り抜けて、空気がスッキリとしていた。
気温も、窓からの光も、全てが丁度良くて。
ハイバックの椅子の背もたれに頭をつけて、ぼーっと過ごした。
あ、きっとこんな風に気持ちのモヤモヤも終わるのかもしれない。
気が付けば、過ぎ去っていて。
終わる。
そんなふうに思ったら、気持ちがラクになった。

どこのお宅の庭先のあじさいも、今年もとてもきれい。
うちの庭にも、あじさいが欲しいなと思うと余計に見入ってしまう。
寒くなる秋から雪の降る冬が一年の中で一番好き。
でも、このあじさいの咲く今もわりと好きなんだと思えた。

来週も少し体が忙しい。
積極的にいこうと思う。
そう、積極的に。
そう自分に言い聞かせる。

[PR]
# by thurezure | 2015-06-20 17:02 | お弁当
June 8 , 2015
e0025827_20331210.jpg

・豚肉、もやし、ニラ炒め
・カレー味のポテトサラダ
・キャベツの梅おかか和え
・海苔の佃煮

夫が、週末にプチ断食をしていました。
集中力が増したよ、などと。
色々と良い事があるようです。
今後に期待!
[PR]
# by thurezure | 2015-06-08 20:19 | お弁当
June 5 , 2015
e0025827_17362838.jpg

・鯖の味噌煮
・ブロッコリーのなめたけ和え

早起きした息子は、パパとキャッチボール。
娘は録画したドラマを見ていました。
私は、いつもと同じで読書とヨガと手帳時間。
出掛ける前に、何か一つ。
とても良い朝時間でした。


[PR]
# by thurezure | 2015-06-05 17:07
June 2 , 2015
e0025827_13572511.jpg

・グリーンピースご飯
・塩サバ
・きんぴらごぼう
・とうもろこし

さやから豆を出す作業を、娘が喜んで全部やってくれました。
楽しい〜!と。
塩と酒で炊きました。
グリーンピースだけで、別に茹でた方が皮がシワシワにならないんだけど、これはこれで美味しかったです。

そして、初物のとうもろこし。
既に甘い。

夜だけ、ご飯(米)を食べないで、
おかずと汁物だけにすることにしてみました。
朝起きた時のお腹の軽さったら!
ご飯を食べない分、野菜がたくさん食べられます。
しばらく、この感じで行ってみようと思います。


[PR]
# by thurezure | 2015-06-02 13:49 | お弁当
May 30 , 2015 | バナナケーキ
e0025827_17511707.jpg

吊り下げていたバナナが、
日に日に黒くなっていくのが気になって、気になって。
でも、平日はなかなか手をつけられずいました。
甘いよねー。まだ大丈夫、捨てない。
と思いながら眺めて。
ギリギリバナナで、昨夜ようやくケーキを作りました。
予想以上に甘くて、味にもバナナをムダにしなくて済んだことにも、本当に良かった!と大満足しました。


[PR]
# by thurezure | 2015-05-30 17:43 | 食べたもの
May 29 , 2015
e0025827_15190975.jpg

・鶏の竜田揚げ
・卵焼き
・ちくわ(海苔、チーズ)

今日は、娘のお弁当一つ。
ピックを刺す為に、ちくわをクルクル。
お弁当のアクセントになるし、味も美味かったです。
「キャラ弁じゃなくて、ママの普通のお弁当でいいからね」と。
少し可愛いピックを刺して、お弁当に入れてあげたらとても喜んでくれました。
女子だな〜と。

そして、今日は暑かった!
午後から有給休暇。
本屋さんに寄り道して帰宅。
今シーズン初めて、エアコンをONにしました。
[PR]
# by thurezure | 2015-05-29 15:15 | お弁当
May 28 2015
e0025827_21263374.jpg

・豚肉とピーマンの炒め物
・春キャベツとカブのサラダ

クックパッドで検索して作った「豚肉とピーマンの炒め物」がとても美味しかった。
時間のない朝でも、豚肉に片栗粉と一緒に下味をつけておくだけで、
ぐーんとおいしくなるものなのね、と。

--------

「上手な手抜きのコツはなんですか?」
そんな時「いかに手を抜くかを考える前に、段取りをよくして、効率的に動くことを考えなさい。
それが一番のコツよ。」
と答えることにしています。
 そもそも、手を抜くのに上手も下手もありません。
基本的な手のかけ方も知らずに、手の抜き方がわかるはずがないのです。
これは調理に限らず何でもそうだと思うのですが、
基本をしっかりと頭と体で覚えていれば、
おのずと手際よい働きかたがわかるものです。
 お料理は「知恵」の積み重ねです。
味付けにせよ段取りにせよ、数字にはできない勘を働かせ、
プロセスを計算できることが、お料理上手の第一歩だと言えるでしょう。

ーーー「ばぁばの料理」最終講義 / 鈴木登紀子 より抜粋。


[PR]
# by thurezure | 2015-05-29 04:49 | お弁当
May 27 , 2015
e0025827_04152761.jpg

・親子丼
本当は、かつ丼が食べたかったのですが。
小さい頃に食べた、近所の食堂のかつ丼が食べたい。
週末、かつ丼作ろうかな。

さて、この日の帰宅の話。
『めざせ一万歩!』
と思い、一駅前の駅で下車していつもより多く歩いてみました。
ちょうど一万歩くらいにいくだろう!?の私の予想当たらず、
8,000歩とちょっと…。
毎日の平均は約6,000歩弱。
週に数日、一万歩歩いてみよう!を目標に試みてみたものの、
なかなか大変なんだと実感させられてしまいました。
次回は、道を変えて一万歩になるように頑張ってみます。

[PR]
# by thurezure | 2015-05-29 04:11 | お弁当
May 26 , 2015
e0025827_20444818.jpg

・焼き魚(鮭、さば)
・枝豆入り卵焼き
・山菜のお浸し

「手帳という武器をカバンにしのばせよう / さとうめぐみ」を読んで、初めてバーチカルの手帳を買ってみました。
なかなかいいです。
1日の流れ、どのくらい時間があるのか、すぐにわかります。
出来た事に、蛍光ペンでマークして達成感を得る、という。
これが、小さな、小さな励みになります。
フリクションの優しい色の蛍光ペンが活躍してくれます。
[PR]
# by thurezure | 2015-05-26 20:29 | お弁当
May 25 , 2015
e0025827_20241337.jpg

・ハンバーグ
・マッシュポテト
・きのこ炒め

--------


e0025827_2024138.jpg

このお弁当の前夜のおうちメニューに、高山なおみさんのレシピで、マッシュポテトを作りました。
ジャガイモを茹でて、皮を剥いて丁寧に潰して、牛乳を加えていくとフワフワ、フワフワに。
塩で味を整えて出来上がり。
ハンバーグに添えて、デミグラスソースをつけて食べたらとても美味しかったです。

[PR]
# by thurezure | 2015-05-26 20:15 | お弁当
Saturday , May 23 , 2015 運動会
e0025827_2263221.jpg
・鶏の唐揚げ
・枝豆入り卵焼き
・森の子サラダ(ブロッコリー、しめじ、玉ねぎ)
・デザートにイチゴ

日焼けした子供達。
よく晴れて、大成功に終わった運動会でした。
赤組のお姉ちゃん。
白組の弟。
応援も競技も白組の勝利で、W優勝。
帰宅して、悔しがるお姉ちゃんと遠慮がちに喜ぶ弟の図。
眺めながら、二人とも頑張ったんだなぁなどと。

箸の中身を入れ間違った私。
弟に、マイメロのお姉ちゃんのピンクの箸を入れていた。(なぜだろ…(笑))
お友達に笑われたと息子。
顔が笑っていない。本気でムッ。
反省。
春は、お弁当持参が多くなる。
気をつけなきゃ。

[PR]
# by thurezure | 2015-05-25 21:50 | お弁当
May 21 , 2015
e0025827_21294090.jpg

・鶏のり天
・みず(山菜)の炒め物
・ミートオムレツ
鶏むね肉を削ぎ切りにして青海苔をまぶした天ぷら粉で揚げました。
いただきもののみず。
シャキシャキとして美味しかったです。
挽肉が冷蔵庫に少し残っていたからオムレツに。
週の後半。
いよいよ食材がなくなってきました。
もうひと頑張りといったところ。
[PR]
# by thurezure | 2015-05-21 21:20 | お弁当
May 20 , 2015
e0025827_16163569.jpg

・ビビンバ丼弁当

簡単ビビンバ丼のレシピも検索すると本当にたくさん出てきます。
焼き肉のタレを使うのもいいのですが、
今回合挽き肉には、醤油、みりん、砂糖、酒、ゴマの味付けで。
野菜には、塩と胡麻油を加えてみました。
あっさりとした感じが好みで、とても美味しかったです。
豆板醤を加えたり、ゆで卵を卵黄に変えてみたりも好きです。
[PR]
# by thurezure | 2015-05-20 16:05 | お弁当
May 19 , 2015
e0025827_20294025.jpg

・ささみの竜田揚げ
・新じゃが味噌炒め
・卵焼き
・きゅうりのゆかり和え

ささみの竜田揚げは「栗原はるみ おべんとう 100+はこ」に載っているレシピです。
醤油の味がしっかりと、冷めても美味しかったのでした。
今年はジャガイモを、ほんとたくさん食べています。
今回は、みそ味にしてみました。
何だかとても新鮮。
次回は、マッシュポテトなるものを。
デミグラスソースハンバーグと一緒に、、、うふふ。

ご飯の上におかずをのせるのが好きです。
今日は、ささみの竜田揚げの醤油の味と
じゃがいもの味噌の味がごはんにふりかけのようにのっていて、
とても良かったです。


[PR]
# by thurezure | 2015-05-19 20:22 | お弁当
May 18 , 2015
e0025827_19553310.jpg

メンチカツとキャベツは、どうしてこんなに合うのでしょうか。
久しぶりのサンドイッチのお弁当です。
映画「四十九日のレシピ」に出てきたようにソースをたっぷりとかけて作りました。
あれはコロッケパンでしたが。
そしてデザートには、ゴールドキウイとプルーン。
これも大好きな組み合わせ。

一方、夫弁当は、衣笠丼弁当。
「和食屋の和弁当 / 笠原将弘」に載っているレシピです。
美味しい油揚げが手に入った時に、
財布のピンチ!な時に、
時間がない時に、
ほんと助けられるレシピです。
[PR]
# by thurezure | 2015-05-18 19:39 | お弁当
May 17 , 2015
e0025827_20584945.jpg

アクアパッツァ、作りました。
少し小ぶりなメバル2尾。
簡単なのに豪華で食べごたえもある。
こういうお料理、休日の夜にとても良いです。

週末、ずっとMAIA HIRASAWAの音楽を聴いて過ごす。
お昼過ぎ、散歩がてら図書館まで。
2冊借りて5冊予約。
のんびりできた良い休日でした。
[PR]
# by thurezure | 2015-05-17 20:43 | つれづれと